富裕層,中国人
(写真=PIXTA)

中国で富裕層と言えば、一般的に年収200万人民元(約3400万円)以上で投資可能な資産が1000万人民元(約1億7000万円)以上の人たちを指す。

中国の招商銀行とベイン・アンド・カンパニーが発表した「2015年 中国個人財産報告」によると、2014年末時点で、中国大陸で1000万人民元以上の投資可能な資産を有する富裕層が100万人を超え、2010年末と比べ2倍になったという。

そして広東、上海、北京、江蘇、浙江などの地域に集中している。これらの富裕層は、いまどういう資産目標を持っているのか。どんな投資に関心を持つのか検証する。