(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)


おはようございます。ようやく暖かくなってきています。日差しはとうに春なのですが、 空気が冷たいという感じです。株式市場も実質新年度入りとなって、 先行きに期待したいところですが、業績面での不安などを取りざたしており、 買い切れないという感じです。ただ、 金融緩和傾向が続くということには違いないのですから、「お金が使える」ということであれば、 株式市場も堅調な推移となるのではないかと思います。

先行きに対して「不透明だから…」 ということも良く言われますが、企業業績や景気動向だけでなく、何でも先行きに対して「透明」 なものなどないのですから、 しっかりと足元を見て前に進んで行くしかないということなのだと思います。「○○懸念」と目先の懸念ばかりを気にするよりは、 今年がダメなら来年しっかりと稼げる企業に投資をして行けば報われるのでは ないかと思います。 目先の小手先のテクニックしっかりと稼ぐのも良いのでしょうが、 時間を使った投資もリスクが少なくリターンも多いと思います。

米国株は堅調となったのですが、 利上げ懸念が薄れたことで買われ、ドル安を好感して買われたことから本日の日本市場は上値の重い方向感に 乏しく、冴えない展開になりそうです。為替面からは買えず、 配当取りの手仕舞い売りも嵩むものと思われ、 個別に材料株が物色される状況が続きそうです。むきになって売り叩くような動きもないのでしょうが、 買われたところでは売られるということになるのでしょう。

配当落ち分を全て埋めるということまではいかなかったのですが、 基調は強含みに推移しそうです。米国株高と円高がセットになっており、 日本市場は強弱感が対立し、指数は上値の重い展開が続くのでしょう。 もう少し1万7000円前後の動きが続くのでしょうし、 後は米国経済指標に反応する展開であり、為替動向次第ということになりそうです。

本日の投資戦略

米国株は堅調ですがドル安を好感する動きであり、 日本市場にとっては決してプラスと言うことではありません。それでも、シカゴ市場( CME)の日経平均先物は何とか1万7000円台を保っており、1万7000円を割り込んだとこからは売り難いという雰囲気になっている感じです。1万7000円を割り込んでも買いが入らないようであれば、一気に調整ということになりそうです。

決算期末を迎えて来期への懸念が拭えないということのようです。 それでも高配当と言うこともあり、 期末まで保有していたという向きも多いのでしょうから、配当取り後の手仕舞い売りに当面上値を押さえられそうです。 ただ、昨日の動きを見ていても早くも次の高配当・ 好優待銘柄に乗り換える動きも見られ、3月決算に限らず高配当・ 好優待利回り銘柄などが買われ相場全体としては底堅い、堅調な展開が続くと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)

証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)