アルゴナビス
(写真=PIXTA)

おはようございます。暖かくなったかと思えばまた寒くなるということで株式市場と同じで変化が激しい感じです。株式市場は先週末に底値圏で「包み足」となったものが多く、戻りも期待したいところです。円高が続いており、今期業績に対する懸念も根強いのですが、売られすぎ感もあり、底堅さが見られるかどうかと言うところでしょう。

円高を嫌気する動きはあるのでしょうが、案外底堅い堅調な展開となるのではないかと思います。ここまで売られすぎたということでこれ以上売り急ぐ動きがあるかどうかと言うところです。円高と言うことも冷静に考えれば「日本買い」と言うことになり、後は株式市場にお金が回ってくるかどうかと言うことなのだと思います。厳しい環境でも堅調な業績が期待されるものや売られすぎ銘柄は買い直されるところもあるのだと思います。

週末の米国市場が落ち着いていたことや円高一服となったことから堅調な展開が期待されます。引き続き目先的な持高調整など、先物の需給などに振らされそうですが、売り飽き気分も出ていることなどから、円高一服が確認されれば買戻しも交えて買いが先行となりそうです。

1万6000円水準を目指すことになりそうです。1万5500円~600円水準からは売り難さが見られることから、1万5800円前後での底堅さを確認しながら1万6000円水準まで上昇となるのではないかと思います。当面は1万6000円水準を挟んでの動きとなりそうで、政府や金融当局の動き次第、為替次第でその展開が決まりそうです。

本日の投資戦略

米国市場も堅調で特に何に反応するということでもなく、日本市場も為替が落ち着いて来れば買い直されてくるのでしょう。ここから大きく円高になる理由もなく、多分に投機的な動きが中心と思われるので、投機的な円高が止まれば一気に巻き戻されてくるのだと思います。

日本企業の業績に関して懸念が強いということでしょうが、ある程度の水準までは織り込まれているものと思います。為替にしても特に影響がないようなものも多く、逆に円高メリットのある企業などが買い直される場面も出て来そうです。ここは過度に悲観的にならずに戻りを期待しても良いのではないかと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)