アルゴナビス
(写真=PIXTA)

おはようございます。寒くはないのですが、昨日からの雨が何となく鬱陶しい感じです。株式市場は昨日は大幅高、米国市場も大きく上昇して夜間取引などでも日経平均先物が買われています。本当に上がる時も下がる時も想定以上に大きくなるのですが、上がるタイミングや下がるタイミングなど、時間的に変化するタイミングはパターン化している感じです。

悲観的な見方が多くなってくると上昇し、楽観的な見方が多くなるというのはいつものことですし、あとは「行き過ぎる」と言うことを頭に入れて対処すればいいということでしょう。サイクル論、などというほどではないのですが、下がれば上がり、上がれば下がるというのが相場なのでしょう。

米国株高や円安、それに伴っての夜間取引やシカゴ市場での先物高を受けて本日の日本市場は買い先行となりそうです。目先的な過熱感から手仕舞い売りがでるかどうかと言うことになるのでしょうが、逆に売られすぎの修正が続くということで堅調な展開となりそうです。主力銘柄を中心にまだまだ売られ過ぎ銘柄の修正は続くということで手仕舞い売りに押されても堅調な地合いは続くのでしょう。

1万6000円台固めどころか一気に節目とみられる1万6500円水準を抜けて来そうです。下がる時も上がる時も予想以上に大きくなるという「いつもの」ことなのでしょうが、いったん1万6500円~600円水準では上値も重くなると思います。週末に向けての買戻し一巡となるものと思われ、1万6500円を挟んでの動きとなりそうです。

本日の投資戦略

昨日の日本市場は予想以上の上昇となりました。先週まで見られた先物への執拗な売りが今度は執拗な買いとなったような感じで、夜間取引でも先物が大きく買われるなどヘッジや持高調整の買いが続いているということなのだと思います。

今度はこの買いがどこまで続くかと言うことを考えておく必要がありそうです。最近では下げるときも上げるときも「○○円まで」と言うことよりは「いつまで」と言う時間的にどこまで売られるか買われるかと言うことで相場が動いているようです。買戻しを急ぐ動きは続いており、週末のG20財務相・中央銀行総裁会議までは買戻しや持高調整の買いが続くということになりそうです。その後はG20で円安容認となるかどうかと言うようことで為替市場から動くことになりそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)