アルゴナビス
(写真=PIXTA)

おはようございます。いっこうに地震がおさまらず、大変な状況が続いています。ここにいて何が出来るというわけでもないのですが、やはり、しっかりと儲けて寄付をするということが良いのだと思います。特に建設株などで儲けたということであれば、落ち着いたところでしっかりと寄付をするというのは良い手ではないかと思います。

そこから今度は落ち着いてきた後の相場を見て行くということになりそうです。それでなくてもここから決算発表が始まるところでは今期業績に関してはかなり慎重な見方となってくるのではないかと思います。ただ、慎重な見方と言うことはダメでもともと、上振れ期待と言うことであり、大きく売られるようなところではしっかりと底入れを確認してからで遅くはないので買っても良いと思います。

米国株が堅調、節目を抜けてきたことや為替も円安に振れ、夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物が大きく上昇していることから、本日の日本市場は買い先行となりそうです。昨日の反動と言うことで売られたものが買われそうですが、熊本・大分の大地震の影響などもあり、上値は重くなりそうです。電子部品株や自動車株などは反発はするのでしょうが、戻り売りに押されそうです。昨日同様にディフェンシブ銘柄や小型銘柄などが物色されることになりそうです。

1万6500円~600円水準はあっさりと割り込んでしまいましたが、1万6000円水準まで下落するという雰囲気でもなく、夜間取引では節目とみられる1万6500円~600円水準までしっかりと戻してきており、当面は1万6500円~600円水準での値固めとなりそうです。上値は1万7000円を一気に超えて来るような雰囲気でもなく、逆に1万6000円を割り込むということでもなさそうで、1万6000円台半ばでの保ち合いとなりそうです。

本日の投資戦略

昨日の日本市場は大きく下落しましたが、先週の急騰の反動と言うことに加え、大地震、原油安、円高と言うように悪材料が重なったということでしょう。さらに決算発表が始まるところで芳しくない見通しなどを懸念して慌てて売ったということもあるのだと思います。ただ、大きく売られたといっても売買高が膨らんだわけでもなく、買い手がいない中で一気に売られたということでしょう。

夜間取引でしっかりと日経平均先物が買われていたことから本日は逆に大きな反発となりそうです。昨年8月、9月や今年の1月、2月の時のように、外国人とみられる売りがここから出て来るかどうかと言うことになりそうです。これまでのように直前の安値を下回るということはなさそうで、当面は為替動向などに反応しながら個別に一喜一憂することになりそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)