アルゴナビス
(写真=PIXTA)

おはようございます。九州での地震はまだまだ続いているようで、避難している方も多く、大変です。一刻も早く元の生活に戻れるようになると良いと思います。株式市場はようやく底入れ感が出て来たということだと思いますが、一気に動き過ぎるので何とも「ついて行けない」と言う感じです。

高いことは良いのですが、まだ買えないうちに高くなったというものも多く、こうした時は決して慌てないことが大切です。買い遅れたからと言って買うと損をすることもありますが、買い遅れたものを買わなければまた買えるものも出て来るのですし、慌てなくてもいくらでも買い場があると思います。ここはじっくりと方向を見極め、無理をせずに買えるものを買うということで良いのだと思います。

米国市場はまちまちですが、比較的堅調となっており、為替も円安傾向にあることから本日の日本市場も買い先行となりそうです。夜間取引で日経平均先物が17,000円を超えて来ており、昨日同様に先物主導で堅調な展開となるものと思います。ただ、一昨日、昨日と先物の動向で大きく相場全体が振らされており、手仕舞い売りが嵩むようであれば、一気に円高株安と言うことになりそうです。先物動向に主力銘柄が振らされる展開が続きそうです。 本当に上がる時も下がる時も大きな動きになるという感じで、16,500円~600円水準での値固めと言うことでもなく一気に17,000円をうかがう展開になっています。ただ、さすがに17000円を超えたところでは買い難さも出て来るものと思われ、いったん上値が重くなると今度は一気に手仕舞い売りに押されるということもありそうです。引き続き16,000円台後半での動きが中心となると思います。

本日の投資戦略

本当に動きがでると一方向に大きな動きとなる相場展開です。一昨日は大きく下落、そして昨日は一気に戻すということで相変わらず先物主導、指数主導の相場と言うことなのでしょう。先物主導と言うことなのですが、実はオプションが大きな変動要因と言う感じです。一昨日はプットオプションもコールオプションも買われすぎと言う感じであり、そのために先物が大きく動かされているということなのだと思います。

市況コメントなどを見ても何故上昇したのか、下落したのかがはっきりとしませんが、要はあいかわらず目先の先物などの需給動向だけで相場全体が動いているということだと思います。ただ、腰の据わった買い方がいるということでもないので、今度は上値の重さが見られる、あるいは円安方向に動くというようなちょっとしたことで上にも下にも大きな動きとなりそうです。日経平均の上値や下値のメドと言うよりは上下どちらに向かうのか方向を見極めることが大切と言うことでしょう。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)