アルゴナビス
(写真=PIXTA)

おはようございます。天気が悪くなりそうですが、株式市場は夜の間に円安となり、先物が買われていたこともあって堅調な展開が期待されます。熊本・大分での地震の影響や三菱自動車の不正問題、そして決算発表にゴールデンウィーク、と決して積極的に買える材料があるということではないので、買戻しが中心と思われ、いったん上値が重くなると一気に手仕舞い売りに押されるということにもなりそうです。

ただ、逆に言えば少なくともこれだけ「買えない」材料があるなかで買われているということはまだまだ「売られ過ぎの修正」が続いているとも考えられます。いずれにしても現状では少なくとも悲観するというよりはいつ梯子を外されても良いようにしておきながらも強気で対処するということで良いのでしょう。

米国市場が堅調となったことや円安が進んだことから本日の日本市場も買い先行となりそうです。夜間取引やシカゴ市場(CME)で日経平均先物が大きく買われていたこともあり、堅調な展開となりそうです。円高を嫌気して売られていた自動車株は買い難いのでしょうが、電子部品株などは引き続き買戻しも交えて堅調なものが多くなりそうです。ただ、決算発表を控えて買い難さもあり、手仕舞い売りに押さえられて上値も限定的となりそうです。

引き続き先物主導で動いた方に大きく動くという感じです。夜間取引で大きく17,000円水準を抜けて来ており、17,000円を超えたところで値固めと言う雰囲気になりそうです。17,000台でも買えるかどうかと言うことなのでしょうが、いったん上値の重さが気になると案外冴えない動きとなるかもしれません。先物次第と言うことになりそうです。

本日の投資戦略

夜間取引やシカゴ市場(CME)で日経平均先物が大きく買われています。いつものような(?)「異常な」買い方ですが、ここが買戻しのクライマックスとなるかどうかと言うところです。17,000円水準を超えて大きく買い上がるだけの材料があるということでもないので、いったん上値が重くなると昨日見られたような急落もありそうで、強気で見つつも半身で構えるということで良いのだと思います。

こうなるとどこで買戻し一巡となるかどうかと言うことになりそうです。本日は夜にECB(欧州中欧銀行)理事会もあり、金融政策に変化はありませんが、ここで「何もない」と言うことがはっきりとした場合に手仕舞い売りに押されるということもありそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)