アルゴナビス
(写真=PIXTA)

おはようございます。昨晩は結構しっかりと雨が降り、またこの週末の予報も雨と言うことで九州の震災に合われた方は大変だと思います。こちらな何もできませんが、しっかりと稼いで寄付でもできればと思います。本日は満月と言うことですが、株価の動きもここから変わってきそうな雰囲気です。

何度も言ってしまいますが、上がる時も下がる時も本当に「これでもか」と言うほど上げ下げとなり、行き過ぎるという感じです。やはり、ここは「いくらまで」上がる、下がるということではなく「いつまで」上がる、下がるという見込みを立てておいた方がいいかもしれまんせん。来週になるとゴールデンウィークや決算を意識した動きになりそうで、そうした対処が必要と言うことだと思います。

米国株が軟調、為替も円高となり、夜間取引の日経平均先物も売られていたことから本日の日本市場は売り先行となりそうです。先物主導での急騰であり、オプションや先物に絡んで昨日までのような執拗な買いがあれば、外部環境が悪くても上昇となるのでしょうが、さすがに週末の手仕舞い売りも嵩んでくるものと思われ、冴えない展開となりそうです。

17,000円水準をあっさりと抜けて、チャート上では完全に底入れとなった格好です。ただ、ここでしっかりと17,000円をキープできるかどうかというところであり、まずは17,000円台での値固めとなるか、一気に16,000円台後半までの調整が見られるかということになりそうです。17,500円水準を意識するところまで一気に上昇となったことでさすがに達成感も出て来るものと思われ、16000円台後半での動きになると思います。

本日の投資戦略

本当に上がる時も下がる時も異常な動きとなります。先物だけでなくオプションに絡んでの動きが大きいと思います。日経レバレッジや日経ダブルインバースなどのETF(上場投資信託)が人気となっていることで、デリバティブ(派生商品)市場も一方向に動き易くなっているものと思います。

急騰急落が続き、相場全体が新興株市場のようになっていますが、ここからはさすがに慎重な決算発表などに反応して上値も重くなり、上値の重さが気になると今度は売り急ぐ動きも出て来そうです。日銀の金融政策決定会合への期待も、ECB(欧州中央銀行)理事会の結果などを見るとそれほど期待できないということになれば、それでなくても買い上がる材料がないなかでの急騰の反動をいうこともあり、急落となるかもしれません。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)