アルゴナビス
(写真=PIXTA)

おはようございます。例年この時期は暑いんだか寒いんだかよく分からず、大型連休前は案外天気も悪く、何とももやもやとした気分になることも多いのですが、今年はそれに加えて追加緩和があったというのであれば、良いのですが、変なニュースが流れて株式市場も波乱となっており、何ともすっきりとしない感じです。

追加緩和期待はあるのでしょうが、実際に追加緩和があったとすれば、その内容次第と言うことになるのでしょう。わかりやすい緩和政策であれば良いのですが、昨年12月の「補完的措置」などと言われると反応しきれないということになりそうです。いずれにしても米FOMC(公開市場委員会)も含めて、今週は「どっちに動いてもあたふたしない」と肝に銘じて置いたほうがよさそうです。

週末の米国株はまちまちでしたが、夜間取引やシカゴ市場(CME)の日経平均先物が堅調となっていたことから本日の日本市場も買い先行となりそうです。目先的な過熱感はあるのですが、追加緩和期待がどこまで盛り上がるかどうかということになりそうです。ただ、週末から大型連休が始まることや日米の金融政策をめぐっての思惑などもあり、買戻し一巡後は手仕舞い売りも嵩んで上値も重くなりそうで、いったん上値が重くなると今度は手仕舞い売りで調整感が出てくるということもありそうです。

18,000円水準を目指す動きになりました。追加緩和があれば18,000円を試すことになるのでしょうが、追加緩和があるかどうかはっきりとするまでは18,000円を超えては一気に買い上がりにくいのではないかと思います。ここからは先物の持ち高調整の買戻し一巡後に買いが入るかどうかということになりそうです。コールオプションが割高となるようであれば、先物買いははいるのでしょうが、コールが割高にならなければ一気に17,000円水準あたりまで手仕舞い売りに押されることになりそうです。

本日の投資戦略

さすがに週末は手仕舞い売りに押されるかと思ったのですが、意外なところに反応することになりました。本来であればあの程度のニュースではここまで反応するということもないのでしょうが、「日銀が何かやるのでは」と疑心暗鬼になっている売り方が一気に買い戻したということでしょう。

ここから買い上がるというには為替がしっかりと110円台で落ち着いてくるかどうか、米国でドル高容認となるかどうかということになりそうです。実際に追加緩和があるかどうかということであり、それまでは買われれば売られ、売られれば買われるということになるのではないかと思います。積極的に持ち高を増やすというよりは買い方も売り方も利益を確保する動きなど持ち高調整の売り買いが中心となるのだと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)