アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

おはようございます。本日は毎年恒例の福岡賃貸住宅フェアーに来ています。天気も良いのですが、昨日は関東でも大きな地震があったようで、少し心配です。株式市場はどうやら、少しは落ち着いてきてもよさそうな雰囲気になってきており、ここからは業績面から買える銘柄などを物色する動きも出てきそうです。

新興市場の銘柄を中心に、値動きがあるものに飛びつくという動きもまだまだ続きそうですが、じっくりと株を買うということもいいのではないかと思います。バフェット氏もアップルの株を買っているということですが、「人のゆく裏に道あり花の山」ということも考えてみてもいいのだと思います。

週明けの米国株が堅調となったことや為替も円安に振れたことから、本日のに本市場は買い先行となりそうです。それでも積極的に上値を買い上がるというには手掛かりが足りないということでもあり、堅調ながらも上値の重い展開となりそうです。芳しくない決算ということで売られた銘柄でも売られすぎの修正などが見られそうです。小型銘柄は値動きの悪いものは手仕舞い売りに押されることになりそうです。

16,500円を挟んでの動きが続きそうです。17,000円を意識すると上値が重く、16,000円を意識すると底堅いということなのだと思います。米国金利動向や為替動向などに大きな変化があれば上下、抜けてくるのでしょうが、それまでは一進一退の動きとなりそうです。

本日の投資戦略

昨日の日本市場は米国株安にも関わらず堅調となりました。上値は重かったのですが、消費増税延期の話題もあって売り難いのではないかと思います。世界的に見ても原油価格の上昇など、米利上げ懸念が残るなかでもリスク回避の動きは薄れており、日本市場でも堅調な地合いが続くのではないかと思います。

企業決算の発表も出揃って、「思ったほど悪くない」という雰囲気が強まったことも売り難くさせているのだと思います。目先の先物の動きや為替に振り回されることはまだ続くのでしょうが、足元の業績などから見直し買いが期待されるものも多く、売り急ぐ動きがなければ買い直されるというようなことになるのでしょう。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)