ビジネススキル,エグゼクティブ,出世
(写真=PIXTA)

職場で誰かに必要とされる人になるには、あることを心がけて、これを習慣にすると近道だ。既に職場やビジネスで必要とされている人に共通する5つの習慣を紹介する。これらを心がけ、実践してみてはどうだろうか。

習慣1 他者より30秒早く動く

他者より早く動こうとすれば、自分の業務をより早く終わらせたり、常に周りを見たりする必要が出る。これらの力がない人には人より早く動くことはできない。

とはいえ、簡単なことではないので、まずは「30秒」だけ動き出しを早くすることを意識するといい。それだけでも、今までとは違う目で見られるようになる。

習慣2 重要な会話で目をそらさない

会話する時、「何となく気まずい」という理由で相手から目をそらしてないだろうか。雑談ならともかく、仕事で重要な話をするときには目をしっかり見て会話ができる人は、相手から見て信頼が高い。

常に目を合わせるのは、たしかに気まずいかもしれないので、まずは重要な話の時だけでも、真剣な表情をして共に相手の目をしっかりと見つめてみよう。

習慣3 紙とペンを常に持つ

職場では様々な場面で多様な情報が入ってくる。これらの情報を一字一句忘れずに記憶できる人はない。

いつ、どこで、どのような状況でも紙に書き留めることができれば、情報をより有効的に活用できるようになる。重要なことは忘れないという人は多い。

本当に必要なことは誰しもが気にも留めないような情報の中に隠れていることがある。それを整理し見つけ出すことができる人は周りからも頼られるようになる。

習慣4 何気ない会話を交わしておく

信頼関係を育てるうえで、何気ない会話は有効だ。休み時間や仕事終わりなどに、仕事仲間とのコミュニケーションを積極的に取れる人は、仕事中でも信頼が高くなる。

ちょっとした空き時間に、同僚などと何気ない会話をしておこう。そうすることで、仕事中には分からないようなことを知り合うことができ、信頼が深まる。相手も自分も興味が合わない者とは会話が弾まない。会話の話題を常に持っていることは、相手から好印象も得やすい。

習慣5 気持ちのムラを生じさせない

誰しも気分の浮き沈みはある。しかし、それ表に出る人と出ない人がいる。まったく出ないのも困りものだが、出すぎるのはよくない。怒っていたかと思えばニコニコしだす人がいたとして、一緒に仕事をしたいと思うだろうか。

嬉しさや喜びのシェアは重要だ。しかし、今日は気分が浮かないという日でも、周りに人がいるときは、いつもの自分でいるようにすることだ。あまりムラが大きすぎると、周りを疲れさせてしまうことを忘れないようにしよう。

仕事で必要とされている人の共通点は他にもあるだろう。しかしすべてマネすることはなかなか難しい。まずはここに挙げた5点を意識して習慣にしてみてはどうだろうか。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
東京23区「平均年収ランキング」圧倒的1位は902万円の…
転職人気企業ランキング、Googleを抑えて1位になった企業とは
「時間が欲しい」ビジネスマンが仕事を詰め込むべき理由
給料が上がらないと嘆くあなたへ 会社は「◯◯させるべき相手」
「がん」にかかった後の仕事・キャリアはどうなる? カギは上司・同僚の理解