Hillary Clinton
(写真=PIXTA)

2016年6月7日、サウスダコタ、ニュージャージー、ニューメキシコ、カリフォルニア各州の予備選挙で勝利したヒラリー・クリントン氏が、民主党の米国大統領選候補指名を確実なものとしました。

共和党はドナルド・トランプ氏を指名することが確実なため、ヒラリー・クリントン氏とトランプ氏の一騎打ちとなります。

もしヒラリーが当選すれば、アメリカ史上初の女性大統領が誕生します。ヒラリーがどのような人物で、どのような政策を掲げているのかについて解説します。

華やかな経歴を持つヒラリー・クリントン氏

ヒラリーは1947年10月、イリノイ州シカゴで生まれました。小さい頃から政治に興味を持ち、名門女子大のウェルズリー大学(マサチューセッツ州)在学中には、下院共和党議員総会でインターンとして働きました。同大学を優秀な成績で卒業後は、イェール大学のロー・スクールへと進学して法律を学び弁護士資格を取得、全米で最も優秀な弁護士100人にも選出されています。

1975年には、イェール大学で出会ったビル・クリントン氏と結婚しました。夫ビルが1993年に大統領に就任したため、ヒラリーはアメリカ合衆国のファーストレディーとなりました。この時、国主導型の健康保険制度導入を試みましたが、生命保険会社、製薬会社などの強い反発に遭い失敗しています。

その後、ヒラリーは民主党の大統領予備選に出馬するもオバマ大統領に敗北、2008年にはオバマ大統領から国務長官に指名されました。外交的にはアメリカの強い軍事力によって、世界の秩序を安定させる方針を主張しています。

夫のビルが大統領の時、「わたしは家庭でクッキーを焼いて、満足しているような女性ではありません」と発言し、全米の多くの女性から批判を浴びましたが、ビルとの間には1人の娘がおり、孫も2人います。

ヒラリーが大統領になった場合、どのような経済政策がとられる可能性が高いのでしょうか。