(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

梅雨はまだ明けそうもないですが、株式市場は逆に目先的な過熱感を冷ますような動きになりそうです。「ヘリコプターマネー」に期待していたわけでもないと思うのですが追加緩和期待そのものが剥げてくると今度は下向きのスパイラルとなる可能性もありそうです。

ここ何年かの株式市場は「降れば土砂降り」とばかりに動きが派手になってきており、いったん上がり始めると急騰、下がり始めると急落ということが多いので注意が必要です。どこまで下がるかということをしっかりと見極めて安直に「押し目買い」というようなことはせずに「押し目待ちに押し目なし」と焦らず見ておくということで良いのだと思います。本当に強い相場であれば直前の安値まで下がらないでしょうし、逆に高値を抜けてからでも上昇が続くものです。

本日の日本市場は米国株が軟調となったことや為替が大きく円高に振れたこと、そして金融緩和期待が少し薄れたことから売り先行となりそうです。追加緩和期待は独り歩きしていた感もあるのですが、目先的な過熱感もあったことで夜間取引やシカゴ市場で日経平均先物が大きく売られており、いったんは調整感も出てきそうです。

17,000円まで一気に到達しなかったことでの失望売りも出そうです。円高となったことも手仕舞い売りを急がせる格好となりそうで、16,500円~600円水準での底堅さが見られるかどうかということになりそうです。一気に上昇となっていただけに調整も深くなる可能性もありそうで、下値は16,200円~300円程度までを見ておいてもいいかもしれません。

本日の投資戦略

日経平均先物の夜間の取引時間が伸びて、もう少し盛り上がるのかと思ったのですが、何となく間延びした感じです。特にそれが要因ということでもないのですが、夜間取引主導でここまで急騰となっていただけに夜間取引の急落がさらに大きな調整となる可能性もありそうです。

先物主導での急騰でしたから今度は一気に逆回転となる可能性もありそうです。指数に関係のないものはあまり影響がないのでしょうが、為替が円安に振れなければ手仕舞い売りを急ぐことになりそうです。先物主導で目先の値動きに右往左往させられそうですが、ここからは指数の動きと関係ないところでも、決算発表などに一喜一憂することになりそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)