アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

まだお盆休みということのようで、朝の通勤電車もすいています。最近は「朝活」ということなのか、朝でも案外混んでいるし、帰りも早い時間から混んでいる感じです。「残業」が減ることは良いことだと思うのですが、その分しっかりと賃金が減らないようにしなければならないと思います。残業が減り、賃金が上がるということで経済が活性化していくのだと思います。

株式市場もいつまでも政府や日銀に頼っているのではいけないと思います。銀行の収益がマイナス金利で悪化しているということですが、それだけリスクが取れるということであり、お金があるということなのですから、収益が悪化しているということは仕事をしていないといわれても仕方ないと思います。マイナス金利効果で株価が上昇するような経済の拡大を期待したいところです。

週末の米国株が軟調、為替も円高気味ということもあり、週明けの日本市場は売り先行となりそうです。目先的な過熱感も強く、手仕舞い売りも嵩んできそうですが引き続き日銀のETF(上場投資信託)買い期待も根強く、売り急ぐ動きにはなりそうもありません。日銀の買いとみられるような買いが入れば堅調となる場面もありそうです。

さすがに17,000円を意識するところからは日銀の買いだけでは買い上がるということもなさそうです。為替が円安に振れるということでもないとここからは手仕舞い売りも嵩んできそうです。16,500円~600円水準を試す動きもまだ見られそうですし、16,000円台後半での動きが続きそうです。

本日の投資戦略

引き続き日銀のETF買い期待から売り難い相場となりそうです。指数を押し上げるということでもないのでしょうが、売られるところでは買ってくるということなのであれば、少なくとも慌てて売るということでもないでしょう。米国の利上げが取りざたされるということでもなく、リスク回避から売り急ぐということでもないのですから、目先的な過熱感からの手仕舞い売りはあるのでしょうが、基調は強いということでしょう。

ただ、どこまで買えるかと言えば、はしごを外される懸念もあるわけですから、積極的に買い上がるということでもないのでしょう。売られれば下げ渋るのでしょうが、何をどのタイミングで買ったらいいかという感じであり、手を出しにくいということもあるのでしょう。指数先行型で指数だけがしっかりするということで盛り上がりには欠ける展開が続きそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)