特集AI 人口知能がもたらす禍福 専門家たちの金言 3月株主優待特集 広告特集「太陽光投資」 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 DC特集
ニュース
Fisco
Written by ZUU online編集部 25,979記事

日本興業—一時ストップ高、電線地中化・道路の熱さ対策関連として物色向かう

一時ストップ高。電線地中化関連との見方が広がり物色が向かったようだ。同社が土木事業で手掛ける舗装一体型電線共同溝は、狭幅員歩道(2.5m以下)や歩道のない道路を対象にした電線類地中化システムとされている。また、同社は遮熱性舗装ブロック「ランドサーマス」を取り扱っており、国土交通省が20年の東京五輪・パラリンピックに向けて道路の熱さ対策に乗り出すとの報道も材料視されたもよう。

<HK>

日本興業—一時ストップ高、電線地中化・道路の熱さ対策関連として物色向かう
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV サイネックス---大日本印刷との提携で「ご当地動画」を配信す...
NEXT 出来高変化率ランキング(14時台)~グリムス、エクストリー...