ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
日本
Written by ZUU online編集部 5,272記事

nezasより

田舎でどうやって安定した収入を得るのか? 移住先で生活できる理由

Truck
(写真=PIXTA)

地方に移住したいと思った時にまず気になるのは、仕事の有無、またどれくらい収入が得られるのかではないでしょうか。地方に移住した人たちは、どのように収入を得て安定した生活を送っているのでしょうか。地方自治体に就職する、人手が足りない田舎だからこそできる仕事、少しずつ数種類の作業を手伝って稼ぐなど、都市圏とは違う地方や田舎での仕事のあり方を紹介します。

田舎で収入を得る5つの方法

● 地方自治体「地域おこし協力隊」に参加
各地方自治体が募集している「地域おこし協力隊」に参加するという方法があります。地方自治体による選考を通して採用が決定すると、最長3年間雇用が保障され、その地域で生活することができます。もちろん報酬も出ますし、各種の地域協力活動の中から自分に合った活動を選ぶことができます。自治体によっては車・住宅が支給されるところもあります。受け入れ地域によって待遇が異なるため、事前によく確認をしましょう。

● 地元企業に就職
地元公務員での採用や地元企業に就職する方法です。日本商工会議所「人手不足への対応に関する調査」の調査によると、介護・看護では72.2%、IT分野(情報通信・情報サービス業)では56.7%、建設業では60.7%が人材不足と回答しています。

たとえばIT分野では沖縄県が、アジア進出など世界を視野にいれた新規事業立ち上げなど、新しいサービス創造への挑戦の場としてIT企業の立地を推進しています。沖縄県ならではの抜群の気候や風土が好評で、沖縄への移転企業やそれに伴った求人が増えています。

次のページ
あと3つの収入を得る方法は?
12
page 1 of 2
田舎でどうやって安定した収入を得るのか? 移住先で生活できる理由
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 東京五輪の経済効果は?その後の落ち込みはどうなる?
NEXT 非正統派マーケターが導き出したUSJ成功への道