アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

週末は綺麗な満月が見られましたが、その分、いろいろな事故も多かったようです。株式市場は米国でも特に大きく方向感が出ているということでもなく、足元の決算動向などをにらみながら一進一退の動きが続きそうです。円高傾向であった為替も、どうやら円安トレンドに転換しつつあり、日本株式市場にとってはプラスとなって来るのではないかと思います。

米国でも四半期決算が発表されていますが、予想を上回るものが多く、ここから始まる日本企業の中間決算の発表も意外としっかりとしたものとなるのではないかと思います。下方修正が相次ぐのではないかとの見方も強いようですが、ある程度株価に織り込まれているとすれば、「下方修正で当たり前」となり、下方修正がなかった場合には株価が上振れするということもありそうです。

週末の米国市場は堅調となりましたが、上値も重く、本日の日本市場も為替次第という感じですが少なくとも上値は重くなりそうです。上値の重さが嫌気されたところで円高に振れたりすれば一気に手仕舞い売りが出るということもありそうです。決算発表が本格化するのを前に積極的な買い手は少なそうです。

17,000円水準では上値が重く16,500円~600円水準では底堅さも見られるという展開が続いていますが、この水準を上に抜けるだけの材料も、割り込むだけの手掛かりもイベントもなく、当面米国の利上げ、日本の追加緩和などをにらみながら方向感に乏しい展開が続きそうです。

本日の投資戦略

米国市場も決算発表を受けての動きもあまり見られず総じて方向感に乏しくなっています。日本市場でも為替への反応も比較的鈍く、特にイベントも何も材料となるものが見られず、為替動向に敏感に反応することになりそうです。

先週も中国の指標がどうしたということ仕掛け的な売りに押される場面もありました。同じようにちょっとした指標や何かが出たところで、為替や先物に仕掛け的な売り買いが出れば、動きの乏しい展開だけに一斉に追随するということもありそうです。長続きするということでもないのでしょうし、ここはしっかりと構えて、大きな流れだけを見てチャンスを伺うということで良いのだと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)