特集AI 人口知能がもたらす禍福 専門家たちの金言 3月株主優待特集 広告特集「太陽光投資」 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 DC特集
ニュース
Fisco
Written by ZUU online編集部 25,979記事

米大統領選第三回TV討論会を注視する展開か

 日本時間20日午前10時から米大統領選の第三回TV討論会が行われる。報道によると、第3回討論会では、1)債務と社会保障給付、2)移民問題、3)経済、4)最高裁、5)海外の紛争地、6)大統領としての適性の6点について議論されるもよう。討論時間は90分間が予定されている。

 市場関係者の間では、第三回TV討論会でトランプ候補とクリントン候補の主張や政策の概要が改めて確認できるとの見方が多いようだ。経済や移民問題に関するトランプ氏の主張や見解は投資家も注目しており、経済問題への対処法などでトランプ候補が相対的に高い評価を得た場合、トランプ氏の支持率はやや上昇する可能性があるが、ドルの上値はやや重くなるとの声が聞かれている。

<MK>

米大統領選第三回TV討論会を注視する展開か
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 農業総合研究所---紀陽銀行と地方創生に向けた連携協力に関す...
NEXT テレビ討論会注視で17000円の攻防が続く