アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

今朝は「木枯らし」のような風が吹いてとても寒い朝でした。考えて見ればもうそろそろ忘年会のことを考えなければならない季節ということで、本当に早いものです。株式市場も考えて見れば毎年この時期は「波乱含み」となるのですから、今年もまた何かあるということなのかもしれません。

日銀の金融政策決定会合を来週に控えて、中間決算の発表が出てくるところということですから、何か動きがあっても良いのだと思います。それでも「波乱含み」ですから、意外な方向に行く可能性もいくつか想定して対処法も考えておく方がいいかもしれません。想定外のことは常に考えて投資をしなければいけないのですが、少しだけ、自分の考えや希望と反対のことを考えて見ても良いのかもしれません。

米国市場はまちまち、為替も動きがあまり見られなかったのですが、夜間取引やシカゴ市場(CME)の日経平均先物が堅調となったことから本日の日本市場も堅調となりそうです。ただ、為替が円安に振れるということでもないと特に上値を買い上がるだけの材料もなく、上値の重さが嫌気されると手仕舞い売りに押されそうです。主力銘柄にも利益確定売りも出て冴えない展開となりそうです。

17,000円を超えて来ているということで今度は17,000円を割り込まないことが期待されます。それでも、先週末の安値水準である17,150円、先物では夜間取引の17,120円を割り込むような展開、つまり、17,100円当たりの水準を割り込むと一気に17,000円を試すということもありそうです。上値は先週末の高値水準である17,200円~300円水準をぬけるかどうかということになりそうです。

本日の投資戦略

米国市場は全く方向感は見られないのですが、日本市場は堅調な展開が続いています。先週末は軟調となったものの大きく下落するということでもなく、円高の割に夜間取引でもしっかりと戻すということで、本日も堅調な展開が期待されます。ただ、日経平均のチャートが上値の重い形となっており、上値の重さが確認される、つまり、先週末の安値水準を割り込むようであれば、いったん調整となりそうです。

ここから決算発表が本格化するなかでどのような決算にどのような反応となるのか、蓋を開けてみないとわからないような感じです。日銀の金融政策決定会合も控えており、2年前のことが強烈であっただけに神経質になりやすい感じです。それでも基調は強含み、ただ、積極的に買い上がる材料はないということで、決算発表が出揃ってから、「結局悪くなかった」ということで本格的に買い直されるのではないかと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)