アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

暑く成ったり寒くなったりと気候の変動が激しく体調を崩してしまいそうです。気を付けて下さい。逆に株式市場は変動が少なく方向感が見られません。日銀の買いが継続しているので、売り難いという状況には変わりないのですが、個別企業の決算も思った通り良くないという感じで、上値をを買い上がる要因にはなりそうもありません。

本日は日銀の金融政策決定会合の結果が発表されますが、一昨年の10月の追加緩和が記憶にあるので売り難かったということであれば、追加緩和がないとか、マイナス金利の深掘りということであれば、一気に手仕舞い売りに押されるということもありそうです。ただ、目先の値動きはともかく、決算動向も「想定通り悪い」という感じでもあり、大きな流れとしては上昇基調にあるとみても良いのではないかと思います。

米国市場も方向感は見られず、昨日下げ渋った反動から売り先行となりそうですが、為替が円安傾向を維持していることや日銀買いが期待されることから売り難さもありそうです。日銀の金融政策決定会合の結果が発表された時に手仕舞い売りが嵩んでくるのではないかと思われ、少なくとも上値は重くなりそうです。サプライズで追加緩和があった場合には一気に17,500円水準を超えてくるということになりそうです。

日銀次第ということになりそうで、昨日の相場でも買って来ているということで売り難さが出てきそうです。一方で、日銀の買いが入るから安心して売れるという見方もでき、上値も限られてしまいそうです。日銀次第という感じですが、何もなければ17,500円を意識したところでの上値の重さを嫌気していったん手仕舞い売りに押されるということになりそうです。

本日の投資戦略

昨日の相場でも日銀の買いが入っていました。後場からの下げ渋りを見ると日銀買いが入っているのでは?という感じではあったのですが、株価の買い支えではないのでしょうが、結果的に買い支えになっている感じです。本日も日銀の金融政策決定会合の結果が発表されますが、何もなければ手仕舞い売りに押されるというともありそうです。

一昨年の10月に「サプライズ緩和」があったのですが、今回はないとは思っていても「万が一」というように考えている売り方もありそうです。ここから米国でもFOMC(公開市場委員会)の結果が発表されますが、こちらも「利上げはない」とみられているものの、「万が一」ということを考えているものと思われます。為替市場も乱高下となる可能性もあり、目先の値動きに右往左往させられそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)