確定拠出年金,マッチング拠出
(写真=Sodan)

最近、勤務先が確定拠出年金を導入!

会社の積立金額に加えて、個人で積立金額を追加する「マッチング拠出」というものがあるみたいだけど、これって一体なんだろう?

今回はそんな疑問をお持ちの方に、確定拠出年金のマッチング拠出の仕組みやメリット等について解説します。

確定拠出年金の基本的な仕組み

そもそも確定拠出年金とは、どのような制度なのでしょう。

企業が導入する年金は、大きく分けて3つあります。

1)確定給付型(DB)
2)確定拠出型(DC)
3)前払い退職金

では、それぞれの特徴を見て行きましょう。

1)確定給付型(DB)

企業が従業員の受取退職金をあらかじめ約束する制度です。退職金の額を決定するのに企業は運用をするわけですが、運用結果次第では約束の金額に届かない恐れがあります。

仮に運用結果が悪かった場合、企業側が不足分を穴埋めする制度を確定給付型(DB)と言います。マイナス金利の運用難の中、企業側にとっては大きな重荷になっている面もあるようです。

2)確定拠出型(DC)

企業が約束するのは、「拠出金(掛け金)」のみとなり、受取退職金額には責任を負いません。つまり運用の結果責任は、加入者(従業員)が負うことになり、運用結果次第で自身の退職金の額が変動することになります。

企業側が運用責任を負う必要が無いこともあり、最近普及が広がっている制度ですが、加入者(従業員)側の運用する能力が必要となります。

また、上記の確定給付型(DB)と併用している企業も珍しくありません。

詳しくは後述しますが、企業の拠出分に追加して加入者(従業員)自身が追加で拠出できる「マッチング拠出」という制度があります。
こちらを利用することで、加入者(従業員)が退職金の額を増やせる可能性があります。

なお、個人事業主や退職金制度が無い勤務先にお勤めの方向けに、個人型の確定拠出年金制度も存在します。

3)前払い退職金

退職金の原資を前払い金として、給与と一緒に受け取る制度です。将来の退職金を今受け取ることができますが、前払いで受け取った分をしっかり自分で取っておかないと、「退職金も貯蓄もない!」ということが起こりえます。

よって、特に若い方には注意が必要な制度かもしれません。

確定拠出年金のマッチング拠出とは?

前述の通り、企業側の拠出額に追加する形で、加入者(従業員)自身の給与から直接拠出することを「マッチング拠出」と言います。

ただし、給与からいくらでも追加で拠出できるというわけではなく、上限額が決められています。会社の拠出金との合計で、月額55,000円が上限額となります。

また、お勤め先が確定拠出年金とその他の企業年金制度を併用している場合は、上限額が月額27,500円となります。

マッチング拠出のメリット&デメリット

◆メリット

最大のメリットは、拠出額が全額所得控除となるため、拠出額に掛かる所得税・住民税が掛からない点です。

税率が20%の方の場合で考えてみましょう。

給料から個人で貯蓄をする場合、受け取るまでに20%引かれてしまいます。つまり給料から10,000円支払う場合、手元に8,000円になっているということです。

10,000円/月 をマッチング拠出すると、10,000円全額が運用に回ります。同じ貯蓄をするのに8,000円と10,000円とを比較すれば、当然10,000円貯蓄する方がより多く貯蓄できますよね。

また、運用益に関してもメリットがあります。個人で運用をした場合、利益に対して課税されます。一方、マッチング拠出含め確定拠出年金制度の場合、運用期間中の利益は非課税となります。

つまり同じ運用をするのであれば、給与天引き後にご自身で資産運用をするよりも、マッチング拠出で行った方が税務面から見て効果的と言えるのです。

◆デメリット

マッチング拠出を含め、確定拠出年金は原則60歳まで下ろすことができません。

よって住宅購入資金や子どもの教育資金のためという考え方ではなく、退職金準備の一つの手段として考えると良いでしょう。もちろん拠出金額の変更は可能ですが、マッチング拠出の金額を決める際には無理のない金額にしておいた方が良いですね。

退職金の準備方法としては、効率的な確定拠出年金制度。

資産運用に関する最低限の知識や運用能力が求められますので、ライフプラン全体のことと合わせてファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか?

執筆者:平原 直樹(ブロードマインド株式会社のお金の専門家)
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!難しいお金の話を分かりやすく解説します。

(提供: Sodan )

【関連記事】
少額積み立て投資がおトクになる!?NISAの制度改正とは?
年金の加入期間が10年に短縮される!?私への影響は?
利息を効率的に増やしたい!単利と複利の違いとは?
資産運用初心者の私。投資と投機、何が違うの?
自分の年金はどっち? 国民年金と厚生年金の違い、理解していますか?