アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

混乱の週が終わり、ようやく落ち着いて来るのではないかと思います。結局米大統領選挙も蓋を開けてみれば何のことはない、何もなかったかのような感じですが、円安傾向がはっきりとしてきたということは良いことではないかと思います。決算発表も出揃って来ていますが、円高での下方修正が多かった印象なので足元が円安ということであれば好感されることになるのでしょう。

昨日の懇親会付きセミナーは非常に盛況で面白かったのですが、やはり「デイトレ―ド」で損をしているという方もいました。デイトレードで儲かっているという方もいましたが、デイトレードだけでなく、中長期の投資もしているということで、結局は中長期の投資の方が成果が出てくるのではないかと思います。

週末の米国市場が堅調となったことや為替が落ち着いていることから本日の日本市場も堅調な展開が続きそうです。ただ、さすがに目先的な過熱感も出ており、手仕舞い売りに上値を押さえられそうで、上値の重さが確認されると売り急ぐ場面もあるかもしれません。出遅れ感が強い銘柄などが買われるのでしょうが、市場参加者が増えるということでもなさそうで、上値も限られそうです。

米大統領選挙の混乱も一服となりそうで、17,500円水準を抜けてくるかどうかということですが、一気に抜けるだけの決定的な材料もなく上値も限られそうです。いったん17,000円水準、あるいは17,200円~300円水準の下値を試す動きもあるのではないかと思います。

本日の投資戦略

週末の日本市場も堅調でしたが、さすがに上値も重く、前日比でマイナスとなる場面もありました。さすがに週が明けて落ち着いた動きになってくるのではないかと思われ、手仕舞い売り押されるような場面も出てきそうです。メガバンクなどの決算発表もあり、市場参加者が増えたという雰囲気でもないので冴えない動きになりそうです。

米国でも利上げが取りざたされていることから円安が継続しており、円高で決算を下方修正した企業などは今度は逆に上方修正となりそうです。ただ、まだ円高懸念は残っており、素直に円安メリット銘柄を買い切れないということもありそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)