アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

日本の株式市場は米大統領選挙後の堅調な展開が続いています。「トランプ銘柄」などと大きく囃していますが、特に何が変わるということでもないのですから、やはり米国の景気が好調、そして利上げ必至というなかで利上げを織り込んでいるということなのだと思います。

そうなると今度は米国の経済が好調ということが前提となって来るので、目先のクリスマス商戦の始まりや経済指標が芳しいものでなかった場合には一気に手仕舞い売りに押されるということになるのでしょう。為替も米国での目先の利上げだけでなくその先を織り込んでいるとすれば、次の大統領への不安などが取りざたされることになるのだと思います。

米国株は冴えない展開になりましたが、為替が円安傾向ということでもあり、本日の日本市場は堅調な展開が期待されます。18,000円水準を意識して上値は重くなりそうで、為替が円高に振れると一気に手仕舞い売りも出るのでしょうが、様子見気分の強い展開で大きく下落することもないと思います。主力銘柄は上げ一服、幕間つなぎ的に小型銘柄や売られすぎた銘柄が買い直されそうです。

18,000円を超えて値固めとなるかどうかという感じです。達成感が出ていったん調整となる可能性もあり、18,000円水準の攻防から次の展開が注目されます。17,500円~600円水準、あるいは17,200円~300円水準までの調整もありそうです。

本日の投資戦略

週末の米国市場は手仕舞い売りに押されて軟調となりましたが、為替が円安に振れたことから夜間取引やシカゴ市場の日経平均は引き続き堅調となっています。ここのところ夜間取引で上昇して日中はほとんど動きがないという展開が続いており、水曜日に休日があることや米国の感謝祭休暇を控えてもまだそうした動きが続くのかどうかということになりそうです。

トランプ大統領になると大暴落すると言っていた向きも、今度は手のひらを返したように「トランプ銘柄」などと喧伝しています。ただ、そうして楽観的な見方が多くなればなるほど今度は急落となるのではないかと思います。何がどう変わるのか、ということもまだ先が見えないのですから、米国の利上げを織り込んだとすると今度は不安感が出てくるのではないかと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)