アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

忘年会シーズンが始まり、夜間取引の先物もしっかりと見れなくなりそうですが、夜間取引で大きく上昇となるケースが多くなっています。夜間の間に指数が大きく上昇して日中は動かず、という展開が多く、何となく買い場を逃してしまっていることが多いのではないかと思います。

高くならないと買えないという人も多いのですが、「高く買ってしまう」よりは「高くなってしまって、買い損なった」という方が当然リスクも少ないのですから、決して焦らないことが大切と思います。何かを買わなければ、と無理をするとろくなこともありませんし、上場銘柄は4,000銘柄近くあり、株式市場はまだまだ続くのですからいつでも買うチャンスはあるのですから、焦りは禁物ということです。また、これだけ高くなると少し安くなったところで「安いから」と言って買ってしまうことも多々あります。「押し目と思ったら下落の始まり」となることが多いのですから、「押し目」であるかどうかしっ
かりと確認してからでも遅くはないと思います。

為替は円高気味となったのですが、米国株価が大きく上昇したことから本日の日本市場も買い先行となりそうです。先物・オプションの最終売買日でもあり、ヘッジの買いなども入ると思われ、大きな上昇が期待されます。ただ、目先的な過熱感は依然として強く、円高が進むということになれば手仕舞い売りに押されるということもありそうです。

18,500円乗せでの引けとはなりませんでしたが、夜間取引で日経平均先物が大きく買われており、18,500円を超えてさらに上値の節目とみられる19,000円を目指す動きになりそうです。ただ、その前に18,500円を超えてきたことで達成感が出るか、あるいは18,500円水準での値固めとなるものと思われ、上値は限定的となりそうです。

本日の投資戦略

日経平均の夜間取引を見ていると、米国株が軟調な時には円安を好感して買われ、円高になると米国株高を好感して買われるという感じで堅調な展開が続いています。本日も買い先行となりそうで、先物・オプションSQ(特別清算指数)算出を前に買い戻しやヘッジの買いが増えるかあるいは手仕舞い売りに押されるかということになりそうです。

ETF(上場投資信託)などを中心に逆日歩銘柄も依然として多く、買い戻しを急ぐ動きが出ると一気に上値追いとなってきそうです。ただ、諸々の指標などを見ても目先的な過熱感が強く、日柄調整の範疇としても18,500円を超えたところではいったん手仕舞い売りも出てくるのではないかと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)