株,スクリーニング
(写真=Thinkstock/GettyImages)

あなたは株式投資において、何を基準に投資判断を行っているだろうか。おそらく、その答えは投資家の数だけ存在することだろう。もし、明確な基準を持って投資先を選ぶ場合には、スクリーニング機能が大変役にたつ。その機能は、各証券件会社により差はあるものの、効率良く理想の銘柄を見つけることができるからだ。 今回は、そんなスクリーニングについて検索のコツを紹介していく。

株のスクリーニングとは

日本取引所グループの情報によると、2016年12月22日現在の上場企業数は3544社である。その中から、投資対象を選定していくのは非常に時間がかかるだろう。特に、株式投資初心者の方は、その膨大な銘柄を見れば頭を悩ませることになるだろう。

そのような特に役に立つのが「スクリーニング機能」である。各証券会社を始め、四季報オンラインなど、各種サイトでスクリーニング機能を使うことができる。

スクリーニングとは、自身の設定した条件を入れていくだけで、該当する銘柄を表示してくれる機能である。あなたの求める条件に合った銘柄を見つけてくれるので、効率的に銘柄を選ぶことができる。

具体的には「業種」「最低売買代金」「PER」「PBR」「ESP」「配当利回り」「配当」「銘柄名・コード」など、各サイトにより詳細は異なるが、様々な項目、指標からの検索が可能である。それらの項目に入力をするだけで、3000以上ある銘柄からあなたに合った銘柄を自動で見つけ出してくれる。

上がる株ってどんな株?

では、上がる株とは一般的にどのようなものなのだろうか。もちろん、ここで挙げるものすべてが、「必ず上がる」とは言い切れない。参考程度に知っておいていただきたい。

まず、時価総額に注目するという方法がある。時価総額とは、株価に発行済株式数をかけたものだが、時価総額が大きいものほど値動きが落ち着いている傾向がある。

つまり、時価総額の小さい銘柄は、大きく上昇する余地が残されている銘柄とも言うことができるだろう。そうした銘柄は小型株と言われ、株価も低いため少ない資金で「大化け」する可能性もあるだろう。

また、テーマ株を狙っていくというのも一つの手法である。テーマ株は、これから伸びていくであろう分野に携わる企業の銘柄である。オリンピックや人工知能といったワードは、今後期待される分野ではあるが、「知ったら終い」という言葉があるように、その事実を知ってからではもう遅いということもある。

それらの分野をいかに先回りして見つけるかが、これから上がる株を見極める力となる。また、各指標を材料とした「買い」の判断も可能である。例えば、BPS(1株あたりの純資産)は1倍に近づくほど、株価の「底」が意識され、上昇に転じるということもある。

検索条件を決めるコツ

前項で紹介した「上がる株」の特徴を参考に、自身の軸と組み合わせてスクリーングをしてみると、思いもよらぬ「お宝」が見つかるかもしれない。

まずは、「時価総額」の小さい企業を検索条件として入力する。さらに、テーマ株を重視するのであれば、「業種」を絞り込んでもいいだろう。BPSの値も指定することができるので、これらの条件を利用すれば、ある程度数は絞られるだろう。

検索条件を決めるコツとしては、まずあなたが株式投資を通じて何を実現したいのか、そのためにはどのような投資手法をとるべきなのかを熟考する必要がある。

小型株を例に挙げたが、値上がりに期待するのではなく、安定した株を保有し配当や株主優待を受けることを中心としたいということであれば、その検索方法も変わるのは言うまでもないだろう。

スクリーニングの注意点

スクリーニングは、あくまであなたが入力した条件に合ったものを表示してくれる機能である。それによって絞り込まれた銘柄の中から、さらに詳細を見ていくことが最低限必要となる。

仮に各指標を設定し検索した場合、その数字はいつの時点で更新されたものなのかを、まずチェックしてほしい。続いて、チャートを見ることも必須である。

チャートの見方については、別の記事に譲ることにするが、これから上がる株なのか、上りきった後なのかと言ったトレンドに注目する必要があるだろう。

加えて、検索結果だけでは見えてこない情報などは、他のサイトや企業ホームページから引っ張ってくることも大切だ。スクリーニングだけに頼らず、総合的な判断をしてほしい。

まずはスクリーニンングを使い倒してみよう

スクリーニングは、非常に役にたつツールではあるが、検索可能な条件などには各証券会社に差がある。まずは、あなたに一番あったスクリーニングはどの会社のものなのかを、徹底的に試してみてほしい。

理想的なスクリーニングを見つけることができれば、あとはひたすら条件を変えながら、お目当ての銘柄を探していく作業になる。今回紹介したコツや注意点を参考に、今後の投資生活にスクリーニングを役立ててほしい。(ZUU online編集部)

実際に株式投資を始めてみる

株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)

■口座開設数1位、IPO取扱数1位、投信本数1位、外国株取扱国数1位
>> SBI証券の口座開設はこちら

■口座開設数2位、外国株や投資信託に強く、マーケットスピードも使える
>> 楽天証券の口座開設はこちら

■米国株の取扱に強く、IPO取扱数2位、ミニ株も取引できる、手数料も安い
>> マネックス証券の口座開設はこちら

■三菱UFJフィナンシャル・グループで安心、ミニ株も取引できる
>> カブドットコム証券の口座開設はこちら

■業界最安水準の手数料が売り
>> ライブスター証券の口座開設はこちら

■どの約定金額でも手数料最安レベル
>> GMOクリック証券の口座開設はこちら

■IPO当選確率を上げるならおすすめ、ツールも魅力的
>> 岡三オンライン証券の口座開設はこちら

■少額取引の手数料が0円
>> 松井証券の口座開設はこちら

【関連記事】
ネット証券ランキング|株初心者はどこで口座開設してる
リアルに楽しめる「株のバーチャルゲーム」5選
株式投資家に朗報 「配当金」の税金がこれまでよりお得に?
「テンバガー(10倍株)投資」4つのポイント 注目の2銘柄は……
株式投資初心者が損するワケ!間違いあるある10選