マネジメント,リーダー,部下を育成
(写真=PIXTA)

目次

  1. チームとして人を動かすには
  2. 部下を動かす「2:6:2の法則」とは?
  3. 下位2割は「お荷物」なのか? 
    1. (1)上位2割は「放置」
    2. (2)中位6割は「教育」
    3. (3)下位2割は「認知」
  4. リーダーの役目は「総合得点を伸ばす」「間違いを恐れない」

チームとして人を動かすには

部下が思うように動いてくれない。組織内で人の上に立つ者であれば、おそらく一度はこうした悩みに直面したことがあるに違いない。

産業能率大学が2015年におこなった「従業員数100人以上の上場企業に勤務し、部下を1人以上持つ課長」を対象にしたインターネット調査(有効回答651人)によれば、課長がもっとも感じている悩みとは「部下がなかなか育たない」(42.7%)というものだった。部下とのコミュニケーションについての有効な施策を聞くと、「飲み会」が52.7%とトップだが、「有効だと思う施策はない」も22.6%となっていた。

もともと、管理職になる人というのは自分自身が優秀だから昇進したわけだが、「自分が動く」のと「他人を動かす」こととは、まったく別の能力が必要だ。であれば、「マネジャーとは誰でもなれる職位ではない」ということかというと、そんなことはない。ただ、そのやり方を知らないだけである。

今回は、リーダーとして欠かせない、チームとして人を動かす方法をお伝えしよう。

部下を動かす「2:6:2の法則」とは?

筆者が、部下を育てる上で着目してほしいのは「2:6:2の法則」である。 2:6:2の法則とは「働きアリの法則」とも呼ばれ、組織内において「上から2割の者が全体の数字の大部分を担っており、6割は普通、下の2割はあまり働かない」と言われる。

筆者は組織を率いる者として、同法則の数値は「おおむね正しい」という実感を持っている。同法則のいう「構成するメンバーが入れ替わっても、自然と2:6:2の割合は維持される」という意見にも、うなずくところがある。

それはおそらく、能力の違うもの同士が集まって集団を形成する以上、どうしても負荷がかかるところとかからないところが出てくるということなのだろう。

誤解のないようにお伝えしておきたいが、2:6:2というのは、人間の優秀さをレベル分けしたものではない。だから必ずしも「この人はどこへいっても必ず上位2割に入る」とか「この人はダメだから、いつも下位2割にいる」とはならない。もちろんそういう人も中にはいるが、たいていは本人の「いる場所(配属部署など)」と「適性(能力)」のマッチングの問題である。

たとえば、営業が得意な人に事務職をやらせても、本領を発揮することはできない。仮に適正な場所にいた場合でも、そこですでに活躍しているエースがいると、その人の陰に隠れてなかなか芽が出ないということもある。本当はすごい才能を持っていたとしても、時代に合っていなければ活躍する機会もない。部署異動などをきっかけに、急に活躍し出す人がいるのは、それまでの阻害要因が取り除かれた結果であることが多いのである。

下位2割は「お荷物」なのか?