相続,相続 遺留分
(写真=Thinkstock/Getty Images)

相続において、遺言書が遺されていた場合、相続人は基本的にこれに従わなければならない。それはたとえ、相続人のうちの1人に「すべての財産を遺贈する」などといった偏った内容のものであっても同様だ。

しかしこの相続財産の指定があまりに極端である場合などは、一部の相続人は遺留分の権利を主張することができる。実際の相続において遺留分を主張するかしないかでは、相続できる財産の割合は大きく異なってくるだろう。