アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

今年は暖冬という感じですが、それでもやはり冬は冬ですから、風は冷たくとても寒いです。日本市場も米国市場も3連休ということですが、ここまでの堅調な地合いが連休や月替わりということをきっかけに変化する可能性もあるので、注意が必要です。何度もこのコラムでも述べていますが、こうしたときに一番陥りがちなのが、「押し目」と思って下落の始まりで買ってしまうということです。

何も焦る必要はないのですから、底値を確認する、あるいは再び上昇に転じたのを確認してからでも遅くないと思います。少なくとも目先的な過熱感を示す指標が出ているところでむきになって買っても忙しいばかりです。買わずに上昇してしまって儲け損なう方が、慌てて買いついて損をするよりも良いと思います。買いたい銘柄を買えるタイミングで買うということを徹底すればいいと思います。

本日の日本市場は週末の米国株は堅調でしたが、引き続き円安一服感があることから手仕舞い売りも嵩んでくると思います。12月決算銘柄などは配当や株主優待期待で買われるものもあるのでしょうが、目先的な過熱感も強いことから手仕舞い売りに押される場面も出てきそうです。日銀の買い期待が依然として根強いので、ちょっと下がるとすぐに買戻しが入るということになりそうですが、日銀の買いが入らないとなると一気に売られるということもありそうです。

19,500円を意識すると上値が重いという雰囲気になっています。19,500円を超えて買い上がるだけの手掛かりに乏しいということで、円安が進むということでもないといったんは19,000円前後、あるいは18,500円~600円水準までの調整が見られてもいいと思います。

本日の投資戦略

依然として日銀の買いや空売りの買戻しから下げない相場が続いています。特に改めて買い直すだけの材料があるというよりはむしろ買われ過ぎとなっているものも多いのですが、調整する気配もありません。いわゆる「値幅調整」というよりは「日柄調整」という感じではあるのですが、年末を迎えていったん手仕舞いの動きは出てくると思います。

米国でも12月決算という企業が多いことから新年は「酉年がどうの」ということではなく、利上げ=ドル高の影響を気にしながら企業決算の動向に反応することになりそうです。そうなると日本市場でも米国の消費動向などを気にすることになり、不透明要因からの手仕舞い売りなども嵩んでくるということになりそうです。そして「年が明けてから急落する」ということが言われだすと、逆に年が明ける前に手仕舞い売りに押されて、年が明けてから買い直されるということになりそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)