特集「2016年回顧→17年展望」 広告特集「太陽光投資」 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 「トランプ大統領」誕生へ DC特集 特集「教育」
不動産投資【提供:アルファ・インベストメント】
PR
アルファ・インベストメント
PR
Written by ZUU online編集部 6,742記事

(PR)相続税の課税対象過去最多

「相続税対策」に「都心の中古1棟マンション投資」がいい理由

不動産,相続
(写真=PIXTA)

国税庁が12月15日に発表した相続税の申告状況、実績で、2015年に亡くなった約129 万人のうち、相続税の課税対象となった被相続人数が約10万3000人で過去最大になったことが分かった。前年は約5万6000人だったため、1.8倍にもなっている。なぜここまで急激に増えたのだろうか?

都心部の割合、土地の割合が高い

その最大の原因は、相続税が改正されて基礎控除が4割縮小されたことだろう。相続税は、遺産が「基礎控除」と呼ばれる非課税枠を超えた場合、超えた分が課税対象になるが、非課税枠が小さくなったために、対象が増えたわけだ。

相続財産の金額の構成比を見てみると、最も多いのは土地で38.0%。やはり日本では不動産という資産の存在感は大きいのだ。また地域別に比率をみると、東京都は15.7%(前年から6ポイント増)、神奈川県は12.4%(同5.4ポイント増)、千葉は8.3%(同4ポイント増)。都心部の人たちが特に増えたようだ。

「親と相続の話をしたことはない」「親の財産がどれくらいあるか分からない」という人は多いのではないだろうか。団塊の世代以上の高齢者は預貯金や不動産などの資産を豊富に持っている。上でも述べたように「土地」などの不動産も相続税の対象となる。持っている不動産を評価すると、相続税の対象となることは意外とあるのだ。

そこでさまざまな相続対策が考えられるわけだが、「都心の中古1棟マンション投資」を勧めるのがアルファ・インベストメントだ。上山眞文社長は「預貯金などの現金を不動産にすることで、財産の評価額を下げられるので、相続税額を減らせます。さらにマンションなど物件を賃貸に出すことでさらに評価が減額されるのです」と説明する。

都心の中古1棟マンションがいいのはなぜ?

しかし「不動産にする」ことが重要なのであれば、都心でなくてもよさそうなものだが、上山社長は「相続税対策では『安全性』が重要です。高い利回りを狙えばリスクも高くなります。地方や郊外より都心がいいのは、やはり人口が増えているからです」と話す。

では「1棟」である理由についてはどうだろうか。マンション投資では「区分」所有をすることも可能だ。この点については、「区分所有は1棟より投資額は抑えられるかもしれません。しかし『空室リスク』が大きい。その部屋が空室になったら家賃収入はなくなります。その点、1棟丸ごと保有していれば、1室空きが出た場合のダメージは小さくなります」という。

さらに「中古」がいい理由としては「新築は『新築プレミアム』があるため、周囲にある同程度の物件と比べても家賃は高めにできるかもしれません。しかしそれもずっと続くわけではないですし、そもそも誰かが借りた瞬間に新築も中古になります」と解説。そのうえで「中古は既に家賃も安定しているので、安定的な収入が計算できます」と付け加える。

>> 都心の中古1棟マンションでの相続税対策を考えてみる

アルファ・インベストメントを選ぶべき理由

都心の中古1棟マンションが相続税対策として有効だとして、ではどうやって投資すればいいのだろうか。その点、アルファ・インベストメントのように実績が多く、顧客のほとんどがクチコミで増えてきた会社と手を組むのが早いだろう。

同社の強みはいくつもあるが、中でも「物件をいち早く見つける力」がまず挙げられる。いい物件を見つけるために日夜営業担当者が地域の不動産会社などと連携して情報収集にあたっている。いい物件が“市場に出てしまう前に”おさえるためだ。よい物件があると顧客に提案する前に自社で購入してしまうという。そうして他社に買われてしまうのを防いでいるのだ。

同社の強みには「金融機関との太いパイプ」も挙げられる。上山社長自らが金融機関をまわり、金融機関ごとの融資方針をつかんでいる。いい物件が見つかったとき、どの銀行・信用金庫なら、どのくらいの金利で貸してもらえるか想定できるため、素早く相談でき、融資実行につなげられるのだ。

ほかにも、顧客・投資家の状況をしっかり把握して、それぞれにあった提案ができることも同社が支持されている理由だろう。上山社長は「相続を『争族』にならないようにするために、お客さまが相続を受ける予定の方の場合、被相続人にも会わせていただくこともあります」という。

冒頭述べたように、相続税を払わなければいけなくなった人が過去最多になったことは事実だ。その中には「まさか自分が対象になるとは」と驚いた人もいるはずだ。もし少しでも心当たりがあるなら、一日も早く、具体的な相続税対策を提案してくれるパートナーを見つけておくべきだろう。

>> 都心の中古1棟マンションでの相続税対策を考えてみる

「相続税対策」に「都心の中古1棟マンション投資」がいい理由
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 不動産投資で重要な「立地」が悪くても投資を成功に導く考え方
NEXT 本当は怖い!?不動産投資!手遅れにならないためのポイントとは