税金, 控除, 所得控除, 税額控除, ふるさと納税, 税金, 確定申告
(写真=PIXTA)

税金の控除って何?所得税・ふるさと納税の控除についてまとめてみた

確定申告の時期になると気になってくる「控除」という言葉。税金が安くなるうれしい仕組みですが、「難しくてサッパリ!」と思う人も多いのではないでしょうか。

取りこぼしがないように、控除のキホンは知っておきたいですね。今回は、人気がうなぎのぼりの「ふるさと納税」で必要になる所得控除についてまとめました。

【税金についてもっと知りたい人はこちらもチェック!】
税金ってどう計算する?所得税・住民税について知っておこう
税金のことを相談するならココへ。税金に関する相談窓口まとめ
そうだ、「税捨離」をしよう。会社員におすすめしたいスマート節税術
いただかないと損をする!?「3大優遇税制」のオイシイ活用法
不労所得ってどんな税金がかかるの?シミュレーションしてみよう

「税金の控除」とはどういう意味?

「税金の控除」とは、所得税を計算するときに特定の金額を差し引いて、所得税を抑えられるようにするものです。これは国が、「状況によっては税金の負担が大きいと困る人もいるだろうから、一定条件のもと負担を減らしてあげよう」という配慮でつくられた制度なのです。

例えば、配偶者控除などはまさに「専業主婦を養っている人は、独身者よりも支出が多く大変だろうから、税金の負担が軽くなるよう配慮しましょう」という制度ですね。

このほかにも控除にはいろいろな種類があり、条件に当てはまれば、サラリーマンでも源泉徴収票を持って確定申告することで利用できます。

節税インパクトは、制度によっては1年で数十万円になることも! 条件に当てはまるなら使わない手はありません。現在、所得控除は14種類あります。

  • 雑損控除
  • 医療費控除
  • 社会保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 寄付金控除
  • 障害者控除
  • 寡婦(寡夫控除)
  • 勤労学生控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 扶養控除
  • 基礎控除

【このうち、実際に私たちに使えそうなものは、こちらの記事からチェック!】
そうだ、「税捨離」をしよう。会社員におすすめしたいスマート節税術
そもそも「控除」って?配偶者控除をもっと分かりやすく説明してみた
自分でできる!生命保険料控除額計算の手順と方法。上手に使うコツとは?

ふるさと納税の「控除」

所得控除の中には、私たちが楽しみながら使えるものがあります。それが「ふるさと納税」です。名前は納税ですが実際は寄付なので、「寄付金控除」の対象になるのです。

2008年に始まったふるさと納税は、出身地でなくても、自分が応援したい自治体に寄付をすると、2000円を超えた分について所得税の還付を受けられたり、翌年度の住民税を減額してもらえたりする仕組みです。さらに、寄付金に対してご当地の特産品がプレゼントされるとあって、利用件数はうなぎのぼりに増えています。

参考: 「ふるさと納税」この手順ならできるかも!初心者向けに徹底解説

通常、自治体に寄付をした場合には、確定申告を行うことでその寄付金額の一部が所得税と住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では2000円を除いた全額が控除の対象になるのです。

ただし、家族構成や年収によって年間上限額が変わるので注意が必要です。上限を超えると控除の対象外となりますので、自分のおおよその上限額を確認しておきましょう。

例えば、ふるさと納税をする本人の給与収入が500万円で、独身または共働きの場合、6万1000円が全額控除される上限額の目安です。寄付金控除額は、総務省の「ふるさと納税ポータルサイト」でシュミレーションできますので、確認しておくといいですね。

税金の控除を受けるには、原則として寄付をした翌年の3月15日までに確定申告をする必要があります。

寄付先が5カ所以内なら、確定申告の必要がない「ワンストップ特例制度」も利用できます。これは、普段は年末調整しか税金対応をしていない会社員の負担を減らして利用しやすくするためにつくられた制度です。ですから、自営業者、住宅ローン控除(1年目)や医療費控除などを確定申告する必要がある会社員は、このワンストップ特例制度の対象外となるので注意してください。

ワンストップ特例制度を利用する場合は、寄付を申し込むときに「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」の提出が必要です。また、確定申告をしないため、本来、所得税で適用される分も含めた控除の全額が、住民税から引かれることになります。

税金, 控除, 所得控除, 税額控除, ふるさと納税, 税金, 確定申告
(写真=BlueOrange Studio/Shutterstock.com)

ふるさと納税以外にも、身近な控除がある!所得控除と税額控除の違い

今まで説明してきた所得控除は、あくまでも所得税計算の基礎となる「所得(課税金額)」を減らしてくれるものです。

一方、「税額控除」は所得税から差し引かれるもの。所得(課税金額)に税率をかけて出された所得税の額から、さらに税額控除が引かれて、支払うべき最終的な納税額(所得税)が算出されます。

つまり、税額控除は私たちが支払う税金自体を安くしてくれるものなのです。所得控除と比べて、節税効果がより高いことはもうお分かりでしょう。

主な税額控除は「住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)」「外国税額控除」など。株を持っている人は「配当控除」もチェックしましょう!

少しでも手取り収入を増やすために

使える控除は見つかりましたか?

ふるさと納税の控除対象者になれるのは、所得税などの税金をきちんと納めているからこそ。税金を納めていないと、寄付はできても控除は受けられません。たくさん働いて納税したご褒美でもありますね。

手続きは意外と簡単です。他の税金控除と合わせて、少しでも手取り収入を増やしていきましょう。

【税金についてもっと知りたい人はこちらもチェック!】 ・ 税金ってどう計算する?所得税・住民税について知っておこう
税金のことを相談するならココへ。税金に関する相談窓口まとめ
そうだ、「税捨離」をしよう。会社員におすすめしたいスマート節税術
いただかないと損をする!?「3大優遇税制」のオイシイ活用法
不労所得ってどんな税金がかかるの?シミュレーションしてみよう

深川美幸
大手証券会社、外資系投資信託運用会社などに勤務後、出産・育児に専念するため退職。2016年より、株と投資信託を中心にした女性限定の資産運用セミナーを主宰。ファイナンシャルプランナー(CFP)

(提供: DAILY ANDS

【あわせてよみたい DAILY ANDS】
(PR)日本で唯一「シワを改善する薬用化粧品」が証明。ポーラ・オルビスグループの底力
税金ってどう計算する?所得税・住民税について知っておこう
「税金を減らして、お金を増やす」という発想、ありますか?お得な制度の実力は
いただかないと損をする!?「3大優遇税制」のオイシイ活用法
節税できる!?個人型確定拠出年金ってどんな制度か教えて!