ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
その他世界
Written by ZUU online編集部 6,218記事

アラブで学ぶべし

「留学にベストな国」ランキング 1位は中東のアノ国!

ブランド戦略を専門に調査・研究する米Y&R’sとBAV コンサルティング、ペンシルベニア大学ウォートン・スクール(Wharton School)は2017年3月7日、「留学にベストな国ランキング」を発表した。

世界の4地域、計80カ国に関係する2万1000人を対象にアンケートを実施。栄えある1位を獲得したのは、35歳以下、8000人のミレニアル世代に選ばれたアノ中東国であった。アンケートに答えた人の3分の1を占める驚愕の結果である。早速、気になるトップ10の結果をみてみよう。

10位 コロンビア
――歴史と文化に触れる魅力

南米コロンビアはスペイン語を公用語とするエキゾチックな国。気候も穏やかで過ごしやすい。首都ボゴタには大学や語学学校、図書館が集まり、質の高い教育が行われている。コロンビアのスペイン語はきれいなことで定評があるため、スペイン語コースへの留学生が多い。カリブ海や太平洋を楽しみながら、歴史と文化に触れることができるのも留学生にとっては魅力であろう。

9位 カタール
――アラビア語を学ぶ留学生が多い

ペルシャ湾に飛び出ている中東の小さな国・カタール。教育専門都市として完成した豪華エデュケーション・シティーでは、優秀な人材の育成と知的財産の構築を目的に高度な教育が進められている。アラビア語を学ぶ留学生がほとんどであるが、アラビア語は世界27カ国語で公用語とされる言語ということで、習得する意義は深い。人気校はカタール大学。

8位 日本
――「高度な科学技術を持つ国」との評価

日本は8位であった。「高度な科学技術を持つ国」であり、専門的かつ多彩な分野で高等教育を望む留学生が多く集まる。法律、工学、経済、環境、情報の分野、そしてアニメやコンピューターゲームの開発では世界でも類を見ないと評価されている。

7位 南アフリカ
――短期間の実践的な英語留学が盛ん

英語を含む11の公用語が混在する南アフリカ。マザーシティーと呼ばれるケープタウンへの留学が盛んである。年間を通して過ごしやすい上、ショッピングモール、レストラン、映画館などが充実しており、生活環境も良い。時差が少ないためヨーロッパからの学生が多く、短期間の実践的な英語留学が好まれているようだ。

6位 バーレーン
――教育水準の高さは世界屈指

島国であるバーレーンは、中東諸国に影響されながら経済成長を続ける国である。教育水準の高さは世界屈指で、マナーマやラッフルにある大学ではアラブ文化、経済、外国語など学士・修士・MBAの取得ができる。カタールと隣接している。

5位 ルーマニア
――物価が安く住みやすい

ルーマニアでは第2言語が英語のため、短期・長期の英語留学に人気がある。一流の講師陣を招いて行われる教育やジャーナリズム、医学系分野への留学生も多い。物価が安く住みやすいことも、留学生にとってはプラスである。

4位 トルコ
――中央アジアや中東からの学生が多い

トルコはイスタンブール大学やアンカラ大学への留学が人気で、中央アジアや中東からの学生が多いのが特徴である。トルコ語がメインであるが、他言語の習得もできる。イスタンブールには数校の有名料理学校があり、プロのシェフを目指す人の料理留学も盛んである。

3位 インド
――バラエティー豊かな科目が修得

3位はインド。留学費用が安く、バラエティー豊かな科目が修得できるのが魅力である。語学習得以外にもヨガやアーユルヴェーダなどの自然療法が学べる。学位や資格取得を目的とした長期留学、短期語学留学が盛んである。

2位 シンガポール
――国際的感覚、ビジネス感覚を養える

2位はアジアトップのシンガポール。経済発展が目覚ましく、インフラが整う生活環境の良い国である。教育水準の高さはアジアでもトップレベル。アジア貿易の中枢としての機能を果たすべく、世界から多くのビジネスマンが訪れる。このため、留学生も国際的感覚、ビジネス感覚を養うことができる。

1位 アラブ首長国連邦
――他国籍国家

堂々の1位はアラブ首長国連邦であった。国民の90%が外国人、残り10%がローカルという「他国籍国家」を誇る国で、ほとんどがインドやパキスタンからの移民で形成されている。ドバイへの英語・アラビア語留学は加速の一途。世界を先導する経済大国で学習したいという野心と、展望に秀でたミレニアル世代が最も多く集まる。

アラブで学ぶべし! ベストな留学先として選ばれたトップの顔ぶれは、まさに新鮮そのものではないだろうか。アンケートの集大成である「ベストな国」ランキングでトップ10入りしている国々の名前が、日本を除いて全く見当たらないのが不思議である。

昨年はイタリア、スペイン、フランスなどヨーロッパ勢が上位を独占したが、今年は中位にランク落ち。多くの人が上位に予想するアメリやイギリスはミレニアル世代からの評価は厳しく、結果として46位、70位と大きく後退した。留学生にとっては最も魅力的だった国は、今やすっかり人気を落としてしまっている。

日本は8位ではあったが、昨年に引き続きトップ10入りをキープした唯一の国である。留学生からの人気も浮き沈みがなく安定しているのか、東京オリンピックの開催に向けてさらに上位に食い込むことも期待できそうである。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
9月に読まれた記事ベスト10|トイザらス破産、スタバ以上のホワイトな企業とは……
時代が変わっても変わらない金投資の魅力とは?(PR)
住宅購入の前に読みたい記事5選|年収5倍までの住宅購入は正しいのか?
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)

「留学にベストな国」ランキング 1位は中東のアノ国!
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 「子育てに良い国」ランキング 世界屈指のイクメン国家はど...
NEXT G20「保護主義に対抗」盛り込まず。米トランプ政権の意向反映か