特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 DC特集
ヘルスケア
Written by ZUU online編集部 4,990記事

ヘルスグリッドオンラインより

五月病を防ぐには?自分でできるメンタルケアのコツ

4月になり、いよいよ新年度が始まりました。部署異動や転勤など、新しい環境でのスタートを迎えた方も多いのではないでしょうか。環境は変わらずとも、新入社員の教育など今まではなかった新しい業務に追われている方もいるかもしれません。

そんな変化の時期だからこそ気をつけておきたいのが、メンタル面の不調です。いわゆる「五月病」ですが、新入社員に限らず中堅社員などのベテランでも起こる可能性はあります。五月病にならないために、自分でできるメンタルケアのコツを紹介します。

五月病ってそもそも何?

vacation
(写真=Antonio Guillem/Shutterstock.com)

新生活が始まる時期になるとよく聞くのが、五月病です。実は五月病は、正式な病気の名前ではありません。新しい環境にうまく適応できずに起こる心身の不調の総称で、適応障害の一種であるとされることが多いものです。具体的な症状としては、下記のような症状があげられます。

・ 気分が落ち込みやすい
・ 疲れやすい
・ 食欲が落ちる
・ 胃腸の不調
・ 眠れない

環境の変化により心身にストレスがかかりこれらの症状が起こるのです。ちょうど5月には初めての連休があり、緊張感が緩む時期でもあります。このタイミングで症状が出ることが多いので、五月病といわれているようです。

メンタルケアは自分でもできる

多くの場合、五月病は一過性のものなので、環境に慣れれば自然と改善されることが多いものです。しかし、放っておくと悪化してうつ病などにつながっていく可能性もありますので、早めのケアが大切です。

メンタルケアというと、少し難しそうなイメージがあるかもしれませんが、日常生活の中でちょっとした工夫をするだけでも十分にケアをすることができます。

ポイントは、ストレスを溜め込まないことです。ストレスを100%避けることは難しいですが、こまめに発散することでコントロールしていきましょう。

五月病を防ぐメンタルケアのコツ

自分でメンタルケアはできるといっても、具体的にはどのようなことをすればいいのでしょうか。具体的なコツを2つあげて、説明していきましょう。

● 生活習慣の乱れに気をつける
新生活の忙しさでつい生活習慣が乱れがちになることもあるでしょう。しかし、それがメンタルの不調につながることもあります。

朝起きたときに熟眠感(ぐっすりと寝た感覚)がない人や、夜中に何度も起きたり朝早すぎる時間に目覚めたりしてしまう人は、睡眠の質が下がっている可能性があります。6〜7時間ほどを目安に十分な睡眠時間を確保し、寝る前はリラックスできるよう心がけるといいでしょう。心身を落ち着けて過ごすようにすると、副交感神経の働きが活発になり入眠しやすい状態に導くことができます。

また、バランスのとれた食事も大切です。忙しいとついファーストフードやコンビニのお弁当などで済ませてしまっていませんか。炭水化物ばかりで野菜やたんぱく質が極端に少ない食生活が続くと、心身の不調を引き起こす原因になるので注意が必要です。

特にたんぱく質は、メンタルの安定に必要な「セロトニン」という脳内物質の原料になります。ご飯は1食あたりお茶碗1杯くらいまでにしておく、たんぱく質が豊富な卵や鶏肉を積極的に摂るといった心がけが大切です。

● 自分なりのストレス発散方法をもっておく
悩みを人に話すのが苦手だったり、物事を真面目にとらえすぎたりする人は、特にストレスを溜め込みやすい傾向にあります。自分の中でいくつかリラックス方法をもち、こまめにストレスを発散するようにしましょう。

おすすめなのは自分が「癒される、元気が出る」と思う行動をリストアップしておくことです。あらかじめリストアップしておけば、ストレスを感じたときにすぐリカバリーすることができます。

リストに入れるのは、愛犬の写真を見るなど簡単にできることから海外を旅行するなどちょっとエネルギーが必要なことまで、どんなことでもOKです。手帳などにメモしておくのもいいでしょう。

メンタルケアは自分でできることがあるとはいえ、ストレスが強かったり対処がうまくいかなかったりすると、症状が悪化してしまうこともあります。そのようなときは無理をせず、早めに医療機関に相談しましょう。

新生活が始まったばかりという大事な時期です。だからこそ自分を大切にしてうまく変化の時期を乗り越えていきましょう。(提供:ヘルスグリッドオンライン

【オススメ記事 ヘルスグリッドオンライン】
プチダイエット&身体リセット! 半日ファスティング
上質な筋肉を手に入れるためのハイクオリティ・ストレッチ講座
生活習慣病を未然に防ぐ? 遺伝子検査のメリットとデメリット
海外から注目される日本のスーパーフード“伝統食品”7選
スタミナアップと疲労回復に効果的! 夏こそ「肉食」がおすすめ

五月病を防ぐには?自分でできるメンタルケアのコツ
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV すかいらーく「糖質0麺」販売中止、パンや発泡酒でゼロブーム...
NEXT 重要なのは「平均寿命」ではなく「健康寿命」 都道府県ラン...