ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
ニュース
Fisco
Written by ZUU online編集部 44,373記事

日経平均は102円安でスタート、ソフトバンクGや任天堂がさえない

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;19910.75;-102.51TOPIX;1592.54;+0.88

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値からやや下げ幅を拡大してスタート。ランチタイムの225先物は
19840-19910円辺りでのもち合い。昼のバスケットは、差し引き30億円の売り越しとの観測、円相場は1ドル110円20銭台で推移している。引き続きハイテクセクターへの利益確定が強まるなか、米下院で2010年制定の金融規制改革法(ドッド・フランク法)
の多くの条項を緩和する「金融選択法案」が可決されたことなどを受けて、金融セクターへの資金シフトが継続している。

 セクターでは、その他製品、電気機器、情報通信業、精密機器、金属製品がさえない。売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ソニー<6758>、東京エレクトロン<8035>、村田製<6981>、キーエンス<6861>が軟調。一方で、三菱UFJ<8306>
や三井住友<8316>などメガバンクのほか、JT<2914>、トヨタ自<7203>、東芝<6502>、第一生命HD<8750>、オルトプラス<3672>は堅調。

<DM>

日経平均は102円安でスタート、ソフトバンクGや任天堂がさえない
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 東特線---4営業日続伸で14年9月以来の2000円を回復
NEXT 【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「株王獅子丸」氏:...