ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
不動産投資【提供:アルファ・インベストメント】
アルファ・インベストメント
Written by ZUU online編集部 5,280記事

不動産投資コンシェルジュより

不動産投資では融資を有効活用しよう

数ある投資方法のなかから不動産投資を選ぶ大きなメリットとして、融資を受けやすいという点があります。融資を受けて投資規模を大きくすることで効率的な資産運用が期待でき、資産形成やさらなる投資へと繋がります。

融資を受けるためのポイントや融資限度額について知り、効率の良い不動産投資を行っていきましょう。

融資を受けるときのポイント

Table
(写真=Andrey_Popov/Shutterstock.com)

不動産投資ローンをより良い条件で受けるために、あまり知られていないポイントがいくつか存在します。まず、借入先の銀行によっては、特定の不動産会社の案件で積極的に融資を行っているということがあるようです。まずは、不動産会社に相談してみるとよいでしょう。便宜を図ってもらい融資を受けることができれば、より良い条件でローンを組むことができるかもしれません。

さらに、作成する収支計画書は現実的に可能な範囲で具体的な数値を算出して提示する必要があります。なるべく融資を受けやすいように理想的な数値を記入する人も多いですが、現実味を帯びていないと判断されれば融資を受けることはできません。そして、事業計画書に関しては土地柄や建物の特性、想定入居者など事業成功に繋がるアピールポイントを記載し、他の物件との差別化を図りましょう。

過去に実績などがあればより融資が受けやすくなりますが、これから不動産投資を始めようとする人は、投資理由や勝算などをなるべく具体的に伝える努力を惜しまないことが重要といえます。

レバレッジのうまみとは

投資などでは、「レバレッジ」という言葉が使われることがあります。レバレッジとは、少ない資本金でもローンなどを利用することで自己の資本に対する利益率を高めることです。つまり、レバレッジを利用すると、ローンなどを組んで自身で用意できる以上の資金を投資し、自己資金のみを運用するよりはるかに大きな資産を形成することが可能となります。

不動産投資は利回りの高さや節税対策に繋がることから、非常に優れた投資方法だといえるでしょう。何より銀行から融資を受けることができ、レバレッジを使うことができる点が重要といわれています。そもそも不動産投資は相応のリスクが生じるため、利回りが他の投資と比べて高くなっています。もちろん、レバレッジを使うということは借金をして投資を行うことになるため、ある程度のリスクは発生します。しかし、銀行も投資が成功すると判断したものにしか融資は行いません。現在は政府が行っている低金利政策のまっただ中ということもあり、融資を受けるには絶好のタイミングだといえるでしょう。

融資の限度額は?

不動産投資ローンの融資限度額の相場は年収の10〜30倍といわれています。ただし、自己資金が豊富でしっかりとしたプランがあれば別ですが、融資を初めて受けるという人ならば年収の10倍ほどを目安に考えておくと審査をパスしやすいでしょう。

融資の限度額を決定する要因はいくつかありますが、金融機関によっては所有するクレジットカードの利用限度額をローン残高とみなして審査する場合があります。念のため、利用していないクレジットカードは解約しておくことをおすすめします。

また、一般的に融資の絶対的な限度額というものは存在せず、自己資金や実績によっては物件価格の大部分をローンで補うことが可能です。

信用資産の有効活用

投資によって効率よく資産を形成するためには、自己資本だけではなく他人資本を利用する必要があります。そういったレバレッジの利用しやすさという意味では、まさに不動産投資は最適な投資方法といえます。

条件の良い融資を受けるためのポイントを事前に確認し、余裕を持った計画を立てることで、結果的に自己資本に対する利回りが高まり、効率の良い不動産投資が実現するといえるでしょう。(提供:不動産投資コンシェルジュ

【オススメ記事 不動産投資コンシェルジュ】
1棟所有の不動産投資に必要な信頼できる業者を選ぶ4つのポイント
1棟所有の投資で失敗する典型的な3つのパターンとは
不動産投資の初心者でも1棟買いしたほうが良い3つの理由
節税するなら1棟買いが効果的! 1棟所有すれば効果的な節税できる理由!
マンションを1棟買い! 押さえておきたい管理と出口戦略のポイントとは

不動産投資では融資を有効活用しよう
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV タイで不動産投資を始める際に知っておきたい「タイの住宅設...
NEXT 東京Aクラスビルの成約賃料が再上昇。売り時判断の増加で不動...