「結婚式にいくらかかるのか分からない」
「結婚式を挙げたいがお金があまりない」

結婚を考え始めた人の中には、結婚とお金について心配に思う人もいるでしょう。結婚式や披露宴の費用は、実際のところ節約できます。

今回は、結婚式にかかる費用の相場や節約方法などをご紹介します。

結婚式予算の平均っていくら?

結婚, 式, 予算, 相場
(写真=KPG_Payless/Shutterstock.com)

「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」によれば、結婚式にかかる予算の平均は、359.7万円となっています。費用の内訳としては、挙式料や衣装代のほか、会場費、料理、装花、引き出物、カメラマンや司会者などに支払う費用、招待状の印刷費、ウェルカムボードや披露宴などで流すスライドの制作費などがあります。

「結婚式はお金がかかる」というイメージがありますが、挙式費用の平均は31.5万円。結婚式では、挙式そのものよりも、披露宴の飲食代、引き出物代、新郎新婦の衣装代といった部分にお金がかかっているのです。

一つ一つ費用を足していけば、確かにお金はどんどん跳ね上がっていきますが、そんなときには、結婚式・披露宴で必要とされるものがパックになったブライダル会社のウェディングプランを利用するのも一つの手です。

いつお金を払うの?

結婚式、披露宴の計画を立てるときに気になるのが、「お金を支払うタイミング」。「結婚式までまだ日にちがあるから」と思っていても、当日までにお金が必要になる機会が多いため、慌てないように準備しておきましょう。

いつお金を支払うのかについて、「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」のデータを参考にご紹介します。

会場、衣装が決まったとき

結婚式、披露宴の約8カ月~6カ月ほど前には会場を決定し、予約金(内金)を支払います。予約金の相場は5万円~10万円程。新郎新婦の衣装も同時期に決めることが多く、予約金がかかることがあります。

当日までに必要なアイテムを準備するとき

引き出物を自分たちで準備する、装花を外部の業者に発注するといった場合、それらの購入費用がかかります。予算は、約60万円程度を見ておきましょう。

結婚式の直前

結婚式当日の1カ月~1週間ほど前には、会場に料金を支払います。披露宴なども含めたウェディングプランを利用する場合、どんなプランを選んだかで金額は異なりますが、平均は約300万円程です。ブライダル会社によっては、結婚式・披露宴後に支払う場合もあります。

結婚式当日

結婚式・披露宴当日は、主賓や遠方から来たゲストへのお車代、受付を担当してくれた友人へのお礼などを支払う必要があります。お車代やお礼を支払うゲストのリストを事前に作っておき、準備をしておきましょう。

結婚式後

結婚式を挙げたことを報告するためのハガキの印刷費や、結婚式・披露宴には参加しなかったもののお祝いをくれた人への内祝いなど費用がかかります。

結婚, 式, 予算, 相場
(写真=Alex Gukalov/Shutterstock.com)

結婚式予算を抑えるには?

結婚式の予算は、アイデア次第で節約できます。

安い時期に会場を予約する

結婚式や披露宴の会場は、シーズンや日柄で料金が設定されている場合が多いのです。結婚式に向いた季候、春や秋といったブライダルシーズンは、比較的料金が高めに設定されています。

一方、気温差の激しい夏や冬は、結婚式を行うカップルの数が比較的少ないため、通常料金よりも安くなっているケースがあります。また、仏滅や大安などの日柄による料金設定がされているところもあります。

結婚式を挙げる時期、日柄にこだわりがない場合、人気のある時期は避け、会場が実施している割引プランを利用してみてもよいでしょう。

できるだけ手作りする or 友人に頼む

招待状やペーパーアイテムなどは、ウェディングプランに組み込まれているものや、専門業者に注文するより、自分たちで作ったほうが安くなるのは当然ですね。また、ウェルカムボードや披露宴で流すスライドの作成、結婚式・披露宴当日の写真撮影なども、周囲に得意な友人・知人がいれば、お願いするのも一つの方法です。

ただし、写真撮影に関しては会場に制限がある場合もありますので、必ず確認しましょう。

料理の内容を工夫する

お料理は、結婚式の中でもゲストが楽しみにしている部分です。一番下のグレードにするといった分かりやすい節約をすると、がっかりされてしまう可能性もあります。お料理で節約したいときは、内容を工夫して予算を抑えることを考えましょう。

例えば、「メイン料理だけ豪華にして、他を抑える」「品数を減らし過ぎない」などの方法があります。

引き出物は持ち込みにする

多くの場合、引き出物はプラン内で依頼するよりも、引き出物専門のオンラインサービスやウェブショップを利用して自分たちで購入したほうが安くなります。引き出物を入れる紙袋なども、まとめて安く購入すれば節約できますよ。

自分たちの分を削る

結婚式・披露宴では、ゲストがご祝儀を包んでくれるのが一般的です。せっかく来てくれたゲストに、「イマイチだった」と思われてしまわないようにしたいですよね。

例えば、ゲストの料理やゲストテーブルの装花などの費用は抑えず、

・新郎新婦の分だけ料理の品数を減らす
・高砂用の装花にお金をかけ過ぎない

など、自分たちにかけるお金を減らすことも、予算を抑える一つの方法です。

相場より安く結婚式を挙げることも可能!

「結婚式=お金がかかる」ではありません。「必要なところにはお金をかけて、無駄な部分を削る」など、工夫次第で、ある程度費用を抑えることは可能です。結婚式・披露宴の費用を相場より安くできるかはアイデア次第です!

Y子
大学卒業後、出版社勤務等を経てフリーライターに。インタビューや取材、記事制作などを行う。20代の終わりが近づき、ただ漠然と貯金をすることに疑問を感じ「投資」に関心が出てきた。

(提供: DAILY ANDS

【あわせてよみたい DAILY ANDS】
(PR)年収が200万円上がる!? 会社員だから知っておきたい◯◯型収入って?
挙式に必要な貯金はこれだけ!最新の結婚費用事情【結婚と投資の必勝法①】
写真代が20万円!結婚式っていくらかかる?何年前から準備すればいい?
結婚式に使えるローン「ブライダルローン」を知っていますか?
ブライダルローンを組んででも結婚式をすべき?押さえておきたい3つのポイント