個人型確定拠出年金(iDeCo)とは、公的年金などで不足する老後資金を自分で積み立てる、いわば“自分年金”です。自分で毎月の掛け金を設定して預貯金、保険、投資信託などで運用し、その積立額と運用益を合わせて60歳以降に受け取ることができる制度です。

iDeCoは従来、専業主婦(夫)とは関係のない制度でしたが、2017年1月の制度変更によって、利用可能になりました。税制面などで今までにないお得な制度なのでぜひ活用を考えてみたいものです。

(写真=aslysun/Shutterstock.com)
(写真=aslysun/Shutterstock.com)

専業主婦もiDeCoに加入できるように

iDeCoはもともと、厚生年金に加入できない自営業者や企業年金がない会社員向けに、老後の資金不足を補うために始まった制度でした。しかし2017年1月に加入資格が拡大され、専業主婦(夫)や公務員なども加入できるようになりました。

iDeCoは毎月の掛け金を自分で設定することができますが、毎月積み立てる掛け金の下限と上限が決まっています。積み立てることのできる下限額は加入資格に関係なく5,000円で、そこから1,000円単位で掛け金を決めることができます。一方、上限額は加入資格によって個別に定められており、専業主婦(夫)の場合は毎月最大2万3,000円まで設定することができます。

専業主婦がiDeCoに加入するメリット

専業主婦(夫)がiDeCoに加入するメリットは、大きく分けて3つあります。

まず1つめは、自分名義の資産が準備できる点です。公的年金の金額が不十分だったり、夫(妻)に万一のことがあったりすると、老後の生活を支える資産を準備できないことがあります。そのような場合に、自分名義の資産を準備することができていれば、不安が軽減されることは言うまでもありません。

そもそも専業主婦(夫)には、お給料はもちろん、退職金もありません。iDeCoでお金を積み立てて60歳で受け取れば、まさにがんばった自分への退職金となります。そして、本来ならば、積み立てて得た利息や運用益には約2割の税金が課税されますが、iDeCo内であれば非課税になります。

2つめは、パートで働いている場合、所得税を払わないまま収入をアップすることができるという点です。パートで働く方にとって大きな収入ラインとなるのが、給与所得控除の65万円と基礎控除の38万円を合わせた103万円という金額です。

年収が103万円を超えると所得税・住民税が発生するため、この金額を超えるかどうかは大きな問題です。ところがiDeCoを利用すると、年収103万円を超えてもiDeCoの掛け金分は所得税を免除されます。

例えば、年収が127万円になった場合、本来は103万円を超える24万円には税金がかかってしまいます。しかしその24万円をiDeCoで毎月2万円ずつ1年間積み立てるようにすれば、iDeCoで積み立てた掛け金は全額所得控除の対象となるため、税金が免除されます。

しかし、従業員501人以上の企業に勤めるパートの方は、月の賃金が8万8,000円以上で社会保険に加入することになりますので、その場合は家計の状況や保険の内容などを参考に、対応を考えましょう。

そして3つめのメリットは、復職した場合もこれまでの積立額を引き継ぐことができるという点です。出産をするために退職し専業主婦をしていたけれど、子どもが成長し手を離れたので家計のためにも復職しようという方も多いでしょう。

そのような場合には、復職先の年金制度によって異なりますが、その会社に企業型確定拠出年金制度があれば、企業型に変更することや、引き続きiDeCoで掛金を拠出すること等も可能です。ライフステージごとの仕事の変化にも対応できるのがiDeCoの強みなのです。

専業主婦もお得に老後資金作りを

このようにメリットいっぱいのiDeCo。専業主婦(夫)であっても、パートナー名義ではなく自分名義の資産を少しずつでも作っていくのが、何かと老後が不安な今の時代に大事なお金のマナーではないでしょうか。

(提供: iDeCo online

【オススメ記事 iDeCo online】
なぜ主婦(夫)が確定拠出年金に入れるようになったのか
意外と知られていない個人型確定拠出年金「iDeCo」の落とし穴
確定給付年金との違いをおさらい
銀行預金は税金を引かれている!?それを防止できるiDeCoとは?
確定拠出年金で選べる金融・投資商品はどんなものがあるのか