ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
ニュース
Fisco
Written by ZUU online編集部 44,366記事

6日のNY市場はまちまち

[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;22773.67;-1.72
Nasdaq;6590.18;+4.82
CME225;20660;-50(大証比)

[NY市場データ]

6日のNY市場はまちまち。ダウ平均は1.72ドル安の22773.67、ナスダックは4.82ポイント高の6590.18で取引を終了した。9月雇用統計でハリケーン被害による一時的影響が想定以上となり、非農業部門雇用者数が3.3万人減と約7年ぶりのマイナスに転じたことで売りが先行。一方で、失業率が低下したほか、平均時給も予想を上回る伸びとなり、下値は限られたものの、連日の株価上昇を受けて高値警戒感も広がり、小動きとなった。セクター別では、自動車・自動車部品や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で食品・生活必需品小売や電気通信サービスが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円安の20660円。ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ソニー<6758>が堅調。半面、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、キヤノン<7751>、日産自<7201>、ファーストリテ<9983>が小安いなど、対東証比較
(1ドル112.65円換算)で高安まちまち。

<TM>

6日のNY市場はまちまち
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 米国株はまちまち、雇用統計を嫌気(6日)
NEXT 【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家元・社長:インスタ...