ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
ニュース
Fisco
Written by ZUU online編集部 44,661記事

東洋インキSCホールディングス<4634>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2017年10月4日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東洋インキSCホールディングス<4634>

3ヶ月後
予想株価
680円

印刷インキの国内トップメーカー。液晶パネル用カラーフィルター材料なども手掛ける。凸版印刷系。サカタインクスとの株式持ち合いは縮小だが資本業務提携は継続。貼り薬で医療に参入。18.3期1Qは増収・大幅増益。

オフセットインキなどが低調。だがカラーフィルター材料は大型テレビ向け堅調。スマホ向け導電接着シートなども伸びる。17.12期は決算期変更に伴う9カ月変則決算。前年同期間比で増収増益へ。株価はジリ高を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.12連/F予/235,000/16,300/16,600/10,000/34.25/16.00
18.12連/F予/280,000/20,200/20,500/13,500/46.24/16.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/04
執筆者:JK

<FA>

東洋インキSCホールディングス<4634>のフィスコ二期業績予想
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV AGS<3648>のフィスコ二期業績予想
NEXT 日本エンタープライズ<4829>のフィスコ二期業績予想