どこの金融機関にも属さないで、会社に縛られない、第三者の視点から投資のアドバイスをするのがIFAです。しかし、「どうして独立しているはずのIFAは証券会社に所属しているの?」という素朴な疑問が残ります。今回は、その疑問にお答えします。

第三者の視点で投資アドバイスを行うIFA

Explanation
(写真=Pressmaster/Shutterstock.com)

IFAは、「Independent Financial Advisor(インディペンデント・ファイナンシャル・アドバイザー)」の略で、銀行や証券会社といった金融機関には属さずに、独立した立場から投資アドバイスを行います。そのため、「独立系金融アドバイザー」とも呼ばれています。

独立系と名がつくのでフリーランスで活動しているかと思いきや、IFAとして活動している人には証券会社に所属している人が存在しています。

IFAが証券会社の営業マンと違う点

証券会社には、顧客と対面して金融商品の売買を仲介する営業マンがいます。こうした証券会社の営業マンとIFAは何が違うのでしょうか。

まず、証券会社の営業マンと異なり、IFAは会社の経営目標や営業方針に縛られずに金融商品の売買仲介を行うことができます。証券会社の対面形式の営業では、会社の営業方針に沿ったノルマを優先させるケースもないとは言えません。

一方、IFAには会社の営業方針で重点的に販売しなければならない金融商品もなければ、毎月課せられているノルマもありません。顧客にとってベストなタイミングでなければ「売らない」という選択肢をも提示できるのがIFAなのです。

また、証券会社の営業マンは3~4年での転勤が多いようですが、IFAは会社の意向による転勤はありません。そのため、顧客一人ひとりとじっくりと付き合うことができます。