国際IT企業によるベンチャー投資が加速しているが、これら大手の舵をとる大物CEOや設立者は個人的にどのようなベンチャーに、どのような手段を用いて投資しているのだろう。

純資産908億ドルというビル・ゲイツ氏(フォーブス誌2017年12月23日データ)は、自身の投資会社を通してさらに資産を巨大化させ、アマゾンのジェフ・ベゾスCEOも同様の手段を用いている。

そうかと思えばアップルのティム・クックCEOは唯一、インターネットやスマートフォンとは無縁の高級シャワー企業に投資するなど、同じITセクターのトップでもそれぞれの投資に対するスタンスは大いに異なる。

ビル・ゲイツ――「最強のファンドマネージャー」へ委託するかたわら個人投資も

投資,IT,ビル・ゲイツ,ジェフ・ベゾス
(画像=Getty Images)

世界一の大富豪の座を長年にわたり維持してきたビル・ゲイツ(Bill Gates)氏 。マイクロソフト(Microsoft)の会長の座を退き、慈善団体ビル&メリンダ・ゲイツ財団の運営に専念している現在も財産は増え続けている。その秘密は、自身が1994年に設立した投資企業カスケード・インベストメント (Cascade Investment)にあるといわれている。

カスケード・インベストメントを通し、ゲイツ氏の財産やビル&メリンダ・ゲイツ財団の基金を膨らませているのは、チーフ・インベストメント・オフィサー(CIO)のマイケル・ラーソン氏だ。 ウォールストリートジャーナルが2014年に報じたところでは、 ゲイツ氏の財産を50億ドルから820億ドルに増やした「知らさざれる最強のファンドマネージャーの一人」である。ゲイツ氏のプライベート投資アドバイザーでもあり、米国の分散クローズド・エンド型投資信託「ウェスタン・アセット/クレイモア・インフレ連動オポチュニティ・インカム・ファンド」などのマネージャーとしても知られる。

ラーソン氏に関しては情報が少なく、謎めいた部分が多いが、ゲイツ氏の信頼を一身に受けている人物だという。ブルームバーグに掲載された情報 によると、過去にはカナダの銀製品大手パン・アメリカン・シルバーでCIO、英国のハリス・インベストメント・マネージャーで債券投資部門のシニアパートナーなどを務めていたようだ。

しかしゲイツ氏自身も活発に個人的な投資を続けている 。2 017年だけでも、日本の味の素とも提携しているバ イオテック企業ギンコー・バイオワークス、人工肉を開発しているメンフィス・ミーツ、植物肉バーガーのインポッシブル・フーズといった食品関連スタートアップから、ホログラムビーム形成技術のピヴォ―タル・コムウェアや機械学習セキュリティーシステムのエヴォルヴ・テクノロジーを筆頭とする技術系、果てはオンライン署名サイトを運営するチェンジ・オーグなどへの投資で社会問題にも取り組んでいる。インポッシブル・フーズには2015年、チェンジ・オーグには2014年にも投資している。

ジェフ・ベゾス(Amazon)――自らのVCと個人投資で財を増やす

「アマゾン帝国」を築いて新たな世界一の大富豪に名乗りを上げたジェフ・ベゾスCEOは、ゲイツ氏同様、850億ドルにものぼる自身の財産を自ら立ち上げたVCベゾス・エクスペディション ズ通して運用している。

2005~2017年8月までの期間に合計59件もの投資を行っており、その分野はクラウドやロボティクスといった先端テクノロジーからがん治療といった医療技術、融資まで、非常に幅広い。

ツイッター(2008年)、クラウド人事システムを提供するワークデイ(11年)、ジュノ・セラピューティックス(13年)、クラウドファンディングサイトを運営するクラウドライズ (14年)、ロボティクス技術のリシンク・ロボティクス(15年)、学生用融資のファンディング・ユニバーシティ(16年) など、氷山のほんの一角だ。老化に関する研究をしているカリフォルニアのユニティ・バイオテクノロジーは、16年、17年と立て続けに投資。

個人名義での投資は1998~2017年9月にかけて23件。古くはグーグル(1998年)、エアビーアンドビー(2011年)、ウーバー(11年)、ビジネス・インサイダー(14年、15年)など。今年に入ってからは、昨年ユニリーバと大型契約にこぎつけたトラック配車スタートアップのコンボイ、セレブレティのニュースをファンに配信するトレースミーなど、こちらも活発だ。

2016年のエバーフィーへの 投資金額が最も大きく、1.9億ドルを 投じている。エバーフィーは2008年ワシントンで設立されて以来、金融リテラシーなど「学校では施さない教育」を若者に提供している。国内の学校や大学7000校と提携する世界最大規模のオンライン教育ネットワークだ。

エアビーアンドビーには1.1億ドル 、ウーバーには3700万ドル、グーグルには100万ドルを投資した。

ラリー・ペイジ(Google)――個人投資は数少ないが将来の大物狙い?

Google設立者兼CEOのラリー・ペイジ氏。Googleベンチャー やアルファベットを通してウーバーやストライプ、スラック、エアウェイブ、スカイキャッチなど、消費者商品・サービスからライフサイエンス、医療、データ・AI(人工知能)、エンタープライズ、ロボティクスまで、広範囲な投資を行っている。

個人的な投資は2006~2016年の10年間で5件と、それほど活発ではない。有名どころでは2006年5月のテスラの資金調達ラウンドシリーズC に、テスラのイーロン・マスクCEOやグーグル、JPモルガン・セキュリティーズと参加。テスラはこのラウンドで総額4000万ドルを獲得した。

ワシントンの小惑星鉱業開発スタートアップ、プラネタリー・リソーシズには2012年と2016年、二度にわたり投資している。プラネタリー・リソーシズは2010年の設立以来、ペイジ氏のほか、テンセントや元GoogleのCEOエリック・シュミット氏、スペースエンジェルズの設立者ディラン・テイラー氏、北京のVC真格基金 などから、総額5026万ドルを調達している。

最近では2016年6月、「空飛ぶ自動車」を開発するカリフォルニアのスタートアップ、キティー・ホーク のファンディング・ラウンドでリードインベスターを務めた。

イーロン・マスク(テスラ、スペースX)――電気自動車から太陽光発電、脳神経技術まで

テスラ、スペースX、ナチュラリンクなど、次々と新たな事業に乗りだすイーロン・マスク 氏は、野心あふれる現代の投資家の象徴的な存在だ。

テスラ以外の個人的な投資でこれまで最も入れ込んだのは、太陽光発電のソーラーシティだろう。2006年にカリフォルニアで設立されたソーラーシティに、マスク氏は2006~2015年にかけて5回も投資し、最終的には2016年、26億ドルでテスラの傘下に納めた。

マスク氏の主要な投資は2000年のペイパルから始まり、2004~2008年の間にテスラに7回、2006年にスペースX、2011年にストライプと狙いを定めた分野に集中している。

2014年にはAIスタートアップのヴァイケーリアス、2015年にはニューロテクノロジー(脳技術)を研究するニューロヴィジルにも投資している。

マーク・ザッカーバーグ(Facebook)――「寄付」と称した450億ドルの「投資」?

買収件数の多さで知られるフェイスブックは2007年、モジラの共同設立者ブレーク・ロス氏とジョー・へウィット氏が開発したウェブオペレーティングシステム「パラキー」を買収。

その後、「いいね!」ボタンの元祖であるフレンドフィード(2009年)、ソーシャルメディア・エージェンシー・ホットポテト(10年)、デジタル出版プラットフォームのプッシュ・ポップ・プレス(11年)、ワッツアップ(14年、)など、2017年までに37件の買収を行っている。

ザッカーバーグ氏自身はK-12(米国の幼稚園から高等学校まで)関連のスタートアップへの投資に熱心で、マサチューセッツの教育コンサルタント、パノラマ・エデュケーション(13年)や、公立学校に高速のブロードバンドの導入を目指す非営利団体エデュケーション・スーパーハイウェイ(15年)、コンピューターサイエンスの一般普及とコンピューター文盲の解消を目指す非営利団体コード・オーグ(Code.org/2016年)などのほか、イーロン・マスク氏が投資するのヴァイケーリアスにも、2014年、2回投資している。

ザッカーバーグ氏といえば2015年12月、娘の誕生にあたり妻プリシラ・チャンと保有する資産の99%を寄付すると発表して話題を呼んだ。その大部分はフェイスブック株で当時の評価額は450億ドルといわれていた。それほど巨額の資産を「寄付する」という美談で、世間のザッカーバーグ氏に対する好感度は急上昇することとなる。

しかしこの美談の裏で、「寄付ではなく単なるおいしい投資」という批判もある。ニューヨーク・タイムズ紙 はザッカーバーグ氏が声明を発表した直後、「夫妻が設立したのはゲイツ夫妻のような慈善団体ではなく、有限会社」と指摘している。

慈善団体はさまざまな規制や監視の元、毎年一定の割合の資産を慈善活動に支出することを義務づけられているのに対し、有限会社は営利企業への投資や政治献金、ロビー活動も認められている。また慈善活動への寄付により、税控除を受けられるという利点もある。

つまりザッカーバーグ夫妻は規制や義務にしばられることなく、自分たちの資産を自由自在に使えるだけではなく、節税も期待できるということだ。夫妻の真意は明らかになっていないもののこうした批判が本当であれば、「立派な投資」になるのだろう。

ティム・クック(Apple)――投資したことのある唯一のスタートアップとは?

アップルを通して、先進的な技術に精力的な投資戦略を繰りひろげるティム・クックCEO。さぞかし個人的にも投資に熱心なのかと思いきや、意外と関心が薄いようだ。公表されているかぎり、個人的な投資はたったの一件。しかもカリフォルニアの高級シャワーメーカー、ネビアと、先端テクノロジーとは縁が薄そうセクターだ。

ネビアは2014年に設立されたスタートアップで、2015年にプロダクト・クラウドファンディングとシードラウンドを行っている。クックCEOはマウンテンビューのベンチャーキャピタルYコンビネータや元GoogleのCEOエリック・シュミット氏、フィットビットの共同設立者兼会長ジェームズ・パーク氏、 米国の大手投資企業スターウッド・キャピタルのバリー・スタンリットCEO 兼会長などとともに、シードラウンドに参加した。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)