ビットコイン,DMM,Bitcoin
(画像=Thinkstock/Getty Images)

「お金持ちになりたい。それも短期間で…」多くの人がこのような想いを少なからず持っているのでないだろうか。宝くじにでも当たらないと達成不可能と思いきや、2017年はとある資産のおかげで、多くの人が短期間で大きく利殖することに成功した。

それが仮想通貨「ビットコイン」だ。2017年は、年明け1ビットコイン=約12万円であったが、12月には1ビットコイン=約222万円と20倍近く上昇した。ビットコインに関するニュースが日々増えているなかで、ビットコインが気になっている人も多いのではないだろうか。

ただ、1年間で20倍になったと聞くと「今からビットコイン投資を初めて間に合うものだろうか?」「もう高値なのではないか?」と感じるだろう。今回は、そんな疑問に対するひとつの考え方を紹介する。

ビットコイン(仮想通貨)とは

ビットコインは1,000種類以上ある仮想通貨の中でも取引高・時価総額ともにトップであり、最もポピュラーな仮想通貨といえる。仮想通貨とは、インターネット上の通貨で、クレジットカード決済やコンビニ決済と同じようにショッピング等での決済手段として利用され始めている。

現時点でビットコイン価格や仮想通貨市場への評価は固まっていない。これまでの金融の概念を覆す世紀の新技術という見る向きもあれば、一過性の流行と見る人もいる。今後、ビットコイン価格や仮想通貨市場がどうなるかは誰にも分からない。ますます上昇するかもしれないし、もしかしたら価値がゼロになるかもしれない。

リスクを理解したうえで、マーケットにお金を置いておく

「最悪、全額なくなっても良い」と思える範囲はいくらくらいだろうか。現物取引(レバレッジをかけず、単純に日本円をビットコインに替えるだけの取引)であれば、理論上「リターンの可能性は無限、損失は最大で元本金額」だ。

ビットコイン価格は法律で「上限〜円」と決まっているわけではないからだ。あくまで可能性の話だが、価格の上昇が強制的に止まるトリガーはない。反対に、仮にビットコインに市場価値がなくなった場合は、ビットコイン価格は0円となる。その場合の最大損失は元本金額だ。

2017年のビットコインは約2000%(20倍)上昇した。10万円を投資していれば200万円になったわけだ。「ビットコイン価格が下落するシナリオの発生確率」と「上昇するシナリオの発生確率」を測ることは非常に難しい。資産運用で利殖するためには「リスクを理解したうえで、マーケットにお金を置いておく」ことが必要だ。

>> ビットコイン(仮想通貨)取引の詳細を確認する

ビットコインは仮想通貨取引サービスで取引可能

そんなビットコインは、どうやって手に入れることできるのだろうか。多くの人にとっては、取引所や取引サイトを利用するのが一般的だ。例えばFX取引でも有名なDMM.com(本社・東京都六本木)では、「DMM Bitcoin」という仮想通貨取引サービスを2018年1月から開始している。こちらに口座を開設すれば、ビットコインの取引を始めることができる。

DMM Bitcoinではビットコイン以外の仮想通貨も取り扱っており、レバレッジ取引(レバレッジ5倍)では7通貨14ペアを取引できる。DMM Bitcoinなら取引手数料はもちろん、口座開設手数料、口座維持手数料、出金手数料、ロスカット手数料が一部を除いて無料だ。2018年3月31日までに口座を開設すると1,000円がプレゼントされるリリース記念キャンペーンがあるのも嬉しい。

ポートフォリオに組み入れる検討を

ビットコインはここ数年で急騰しており、一部ではバブルだという指摘もある。ただ繰り返すように、未来は誰にも分からない。仮に今後、ビットコイン価格が急落するとしても、レバレッジ取引でビットコインをショート(空売り)し、利益をあげる方法もある。

仮想通貨の特徴はボラティリティ(価格の変動幅)の大きさだ。これは資産運用におけるメリットでもあり、デメリットでもあるが、直近のパフォーマンスを見れば、少なくとも余裕を持った範囲の金額であれば、自身のポートフォリオに組み入れる検討をしてみても良いだろう。

>> ビットコイン(仮想通貨)取引の詳細を確認する