仮想通貨の代表格であるビットコインは、2017年に年初と比べ一時20倍まで上昇した。2017年は仮想通貨元年とも呼ばれ、多くの仮想通貨で急激な値上がりを記録するなど、仮想通貨の人気が目立った年となった。盛り上がりを見せるビットコインであるが、一方でまだまだビットコインについてあまりよく知らないという方も多いのではないだろうか。そこで今回はビットコインの購入や売却、送金などにかかる手数料について解説しよう。

ビットコインに必要な手数料の種類は?

手数料,仮想通貨,コスト
(画像=PIXTA)

一般的な通貨であるドルやユーロを購入・送金する際、銀行などに手数料を支払う。それと同様に、仮想通貨の購入や送金などにも手数料が必要となる。ビットコインを購入する方法としては取引所や販売所で購入する方法が一般的だ。取引所や販売所でビットコインの購入や売却、送金を行なうのに必要な手数料としては購入手数料、売却手数料、送付(送コイン)手数料がある。それでは順番に紹介していこう。

購入手数料

ビットコインを購入する際に必要となる手数料だ。購入手数料の金額は株式取引等と同様に利用する販売所や取引所によって様々だ。ビットコインを購入する際には各販売所や取引所の購入手数料をしっかりとチェックすることをおすすめする。

売却手数料

ビットコインを売却する際に必要となる手数料だ。売却手数料も購入手数料と同様に販売所や取引所によって手数料が異なるので注意が必要だ。

送付手数料(送金)

ビットコインを送付するのに必要な手数料だ。ビットコインは国内のみならず海外送金にも利用することができ、銀行振り込みに比べ素早く送金できることでも話題となっている。

各種手数料の注意点

ビットコインに関係する手数料について、それぞれに注意が必要な点がある。まず購入手数料と売却手数料についてだが、取引所と販売所のどちらを利用するかで大きく手数料が変わってくる。

基本的に販売所での売買はビットコイン取扱業者がビットコインの購入価格、売却価格を提示する。その値段で納得がいけばその値段で購入・売却が可能だ。その際の手数料は購入・売却とも手数料は基本的に無料となっている販売所が多い。ただし、手数料が無料とは言うものの、購入価格と売却価格に関してはスプレッドと言うものが存在する。

スプレッドとは購入価格と売却価格の価格差のことで、販売所では手数料が無料な代わりにこのスプレッドを広めに設定してある場合が多い。その為、手数料が無料という文句につられ販売所でビットコインを購入しても、実際にはビットコインの市場価格よりも割高な値段で購入することになるので注意して頂きたい。

一方取引所でのビットコイン取引の場合はスプレッドが存在しない。その代わりに手数料が取扱い業者ごとに設定されている。販売所のスプレッドと取引所の売買手数料を比べた場合、取引所でビットコインを売買した方がコストは低くなる場合がほとんどであるため、コストを重視するビットコイン投資家の多くは販売所ではなくビットコイン取引所を活用している。

送付手数料についても一部注意が必要だ。ビットコインを使っての海外送金などで、以前は格安で送金が可能ということが話題となっていた。送金手数料はビットコインで支払うのが基本となっているが、手数料で支払うビットビットコインがここ最近の値上がりにより、相対的に価値が上昇してしまった。そのため現在では昔に比べて送付手数料の安さというメリットは減少している点には注意して頂きたい。

ビットコイン手数料比較

それでは実際のビットコイン取扱業者のビットコイン購入手数料、売却手数料、送付手数料について解説しよう。各取扱業者が設置している販売所のスプレッドに関しては相場環境によってリアルタイムで変動しているので、ここでの紹介は割愛させていただき取引所の手数料を中心に解説する。また、今回紹介する手数料に関してはビットコインの現物取引のみを対象とし、信用取引等のその他取引についての説明も割愛させていただく。

手数料に関してはビットコインでの支払いが基本となっているため、日本円換算も同時に掲載する(価格は記事執筆時点の1BTC170万円換算)。

取引高No.1というCoincheck

CMの放映も積極的に行い、知名度も急上昇中のビットコイン取扱業者がCoincheckだ。同社ではFacebookから10秒で簡単登録できるなどの取り組みもおこなっている。

そんな同社の手数料はビットコイン取引所での購入手数料、売却手数料は共に0%である。これはキャンペーン価格と公式にはアナウンスされているが、期限を定めていないキャンペーンであり、当分の間はこの手数料無料の状態が続くと考えられる。ただし、キャンペーンが終了する場合、終了の2週間以上前に告知がされるということだ。

つまり同社の取引所でビットコインの購入、売却を繰り返しても現在のところ売買手数料は必要ないということになる。頻繁にビットコインを売買することがある投資家にはおすすめだ。

ビットコインの送付手数料に関して同社では1回につき0.001BTC(約1,700円)が必要となっている。

購入手数料……0%(無料)
売却手数料……0%(無料)
送付手数料……0.001BTC(約1,700円)

取引手数料が「マイナス」のZaif

ビットコイン購入時・売却時には手数料を支払うことが常識と考えている方にチェックして頂きたい取扱業者がZaifだ。同社のビットコイン取引手数料はなんとマイナスだ。マイナスということはつまりビットコインの売買を行なうと、同社に手数料を支払うのではなく、逆に手数料を受け取ることができる。

具体的な手数料はビットコインの購入時はmaker手数料が-0.05%、taker手数料が-0.01%となっている。maker手数料とは、買いたい人も売りたい人も、現在価格よりも(自分にとって)有利な価格で指値注文をして、その注文が約定した場合に発生する手数料である。一方taker手数料とは、既に板にある注文を取りに行って約定した場合に発生する。どちらもマイナス手数料の場合は受け取ることになるのだ。

大げさな例を挙げると、1BTC=170万円の場合、板にある171万円の売り注文に対して買い注文を出せばtaker手数料が適用され、169万円で買い注文を出せばmaker手数料が適用される。どちらの注文方法でも手数料がマイナスであるのでビットコイン投資をおこなう人にとっては大変ありがたい手数料制度だ。

仮に1BTCを170万円で購入した場合、taker手数料が適用された場合は170円を受け取ることができ、maker手数料が適用された場合には850円を受け取ることができる。ただしこちらのマイナス手数料はキャンペーンによるものなので、キャンペーンの終了に伴う手数料の変更ついては注意して頂きたい。

ビットコインの送付手数料については0.0001BTC(約170円)以上選択可となっている。同社で推奨されるのは0.0010BTC(約1,700円)以上だ。ビットコインの送付は支払う手数料によってスピードが変わってくる。素早く送金するためにはより多くのビットコインを支払うのが望ましいとされている。

購入手数料……maker手数料の場合-0.05%、taker手数料の場合-0.01%
売却手数料……maker手数料の場合-0.05%、taker手数料の場合-0.01%
送付手数料……0.0001BTC(約170円)以上選択可 0.0010BTC以上(約1,700円)推奨

大企業が出資するbitFlyer

SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル、第一生命、三井住友海上キャピタル、リクルート、GMO等大手企業などから出資を受けているビットコイン取扱業者がbitFlyerだ。

CMも多く放映し知名度も高い同社では、仮想通貨取引における損害補償なども実施しており、大手企業からの出資もあることからも信頼度の高い取扱業者としても有名である。

そんな同社のビットコイン売買手数料は直近30日間の取引量によって変わるが、最大0.15%から最小0.01%となっている。具体的には以下の通りだ。

【bitFlyerビットコイン売買手数料】
直近 30 日の取引量 売買手数料
10万円未満 0.15%
10万円~20万円未満 0.14%
20万円~50万円未満 0.13%
50万円~100万円未満 0.12%
100万円~200万円未満 0.11%
200万円~500万円未満 0.10%
500万円~1000万円未満 0.09%
1000万円~2000万円未満 0.07%
2000万円~5000万円未満 0.05%
5000万円~1億円未満 0.03%
1億円~5億円未満 0.02%
5億円以上 0.01%

直近30日間の取引量により手数料率が決まるため、売買を繰り返せば繰り返すほど手数料は安くなる制度だ。同社のビットコインの送付手数料に関しては1回につき0.0008BTC(約1,360円)となっている。

購入手数料……0.01%~0.15%(1 月 31 日(水)日本時間23:59まで無料キャンペーン中)
売却手数料……0.01%~0.15%
送付手数料……0.0008BTC(約1,360円)

ビットコイン手数料について

今回は国内の大手3社と呼ばれるビットコイン取扱業者の手数料を紹介した。ビットコインは今日本国内のみならず海外からも注目を集めており、価格の乱高下も続いている。今もなお価格上昇の期待からビットコイン投資を始める投資家も少なくない。

そんなビットコインの熱狂的な状況からか、ビットコイン取扱業者の多くでは手数料をキャンペーン価格として無料や、マイナス手数料とするなど業者間で顧客の獲得競争が繰り広げられている。現在ビットコインを購入する場合は手数料無料やマイナス手数料が適用される業者が多いが、ビットコイン人気が一服し、各社ともキャンペーンが終了すると手数料は高く設定し直される可能性もある点には注意して頂きたい。

ビットコインの送付手数料については各社ともキャンペーンなどは実施しておらず、大手3社に関しては0.0001BTC(170円)~0.001BTC(約1,700円)となっている。ただしビットコインが今後も上昇を続ければBTC単位で手数料が変わらずとも円換算では相対的に送付手数料も上昇することになるので注意が必要だ。

仮想通貨元年と言われた2017年が終わり、今後も益々ビットコインを初めとする仮想通貨が注目されることが予想される。今回の記事ではビットコインを購入・売却・送付するためには一体いくらぐらい必要なのかということを解説したが、ぜひこれをきっかけに今後さらに普及が予想される仮想通貨を有効利用して頂きたい。(右田創一朗、元証券マンのフリーライター)