どうすればお金や成功が手にはいるのか—。だれもが一度は思案をめぐらせたことがあるだろう。自分の力で成功し、本当にお金もちになる人と、成功を夢見ながら憧れだけで終わらせる人では、何がどうちがうのだろう。

お金儲けをゲーム感覚で楽しむトランプ大統領、危険を恐れず進化し続けることを信念とするジェフ・ベゾス氏(Amazon CEO)、人類に影響を及ぼす問題へのソリューションから利益を生みだすイーロン・マスク氏(テスラ、スペースX CEO)、「成功者には沈黙と笑顔というふたつの共通点がある」というマーク・ザッカーバーグ氏(Facebook CEO)。

—既にお金にも名誉にも恵まれた資産10億ドル以上のビリオネア4人が、自らの幸運をどうとらえているのか見てみよう。

ドナルド・トランプ氏——「お金持ちになるのは容易だが、お金持ちでいるのは難しい」

お金,成功,トランプ大統領
(画像=Getty Images)

不動産・カジノ王から米国大統領にのし上がったトランプ氏は、お金儲けは「ゲーム」だという。大きな賭けにでなければ、それに見合う成功はあり得ない。「窮地におちいった時どう対処するかが勝者と敗者を分ける」という考えは、まさにギャンブルそのものだ。 トランプ氏にとっては「お金儲けというゲームが楽しい」のであって、お金はそのゲームを続けるための資本でしかない。「情熱を活用し、経験から学びながら」ゲームで勝ち続けていく。

「どうせ何かを考えるなら、大きなことを考えろ」と大志を抱くよう激励する反面、「時と場合によっては、投資しないという決断が最高の投資になることもある」と客観的に物事を観察する冷静さについても説いている。

「お金持ちになるのは容易だが、お金持ちでいるのは難しい」「結局人はどれだけ努力したかではなく、どれだけ達成したかで評価される」というシビアな見解は、様々なマネーゲームに勝ちぬいてきたトランプ氏ならではといえる(Cheet Sheet 2016年11月21日付記事 )。

ジェフ・ベゾス氏——「危険なのは進化しないこと」

「臨機の才のない人間と付き合うには人生は短過ぎる」と断言するベゾスCEO。Amazon帝国を築き上げた3つの要素として、「顧客最優先」「発明」「忍耐」を挙げている。「Amazonはパーティーの主催者で、顧客はゲスト」というコンセプトは、事業立ち上げ当初から一貫している。

「危険なのは進化しないこと」「常に未来に目を向け、自分にとって好ましくない変化にも対応していく」手腕が、成功を目指す上で重要だと説いている。ベゾスCEOにとって「長期的な見解をもたずに新しい商品やサービスを発明するのは不可能」であり、「実験なしでは発明はあり得ない」という。しかし「最初から成功すると分かっているのなら実験とはいえない」—つまり、失敗を覚悟で長期的な戦略で挑まない限り、社会を驚かすような大発明は期待できないということだ。

「経営面で重要なのは利益率ではなく、実際にいくらドルで稼いだか」と現実主義だが、銀行が顧客に「(浮いたお金で)旅行に行けますよ」などと無責任に二番抵当を勧めるような広告は「人の道徳から外れている」と、利益創出手段の善悪にははっきりしている(Brainy Quoteより )。

イーロン・マスク氏——「物事がすべて順調に進んでいるのは、革新的なことをしていない証拠」

「欲しいものは何でももってる」というマスク氏。PayPalの前身となったX.com設立から始まり、Tesla、スペースX、ソーラーシティーなど、革新的な事業を続々と展開している。

その活力と行動力はどこからくるのだろうか。2002 年にPayPalをeBayに15億ドルで売却 した際、「ほかにどんな問題が人類の未来に影響をおよぼすか」「どのようにしてお金もうけにつなげるか」を思案したという。

しかし「やりたいことがあってそれが重要だと思うのなら、例え失敗する確立の方が高くてもやってみるべき」「物事がすべて順調に進んでいるのは、革新的なことをしていない証拠」といった発言から(Addicted 2 Sucess2014年12月16日付記事 )、金銭的な利益優先主義者とはほど遠いことが分かる。

マスク氏にとって成功やお金は対を成すものであると同時に、次の大胆な挑戦に取りかかるための資金源なのだろう。

マーク・ザッカーバーグ氏——「成功者には沈黙と笑顔というふたつの共通点がある」

「お金を稼ぐためにサービスを開発するのではなく、サービスを向上させるためにお金を稼ぐ」(フォーブス誌2012年2月1日)というFacebookのザッカーバーグCEO。「人への思いやりを最優先するのが哲学」「成功者には沈黙と笑顔というふたつの共通点がある」「情熱をもって取り組めば、絶対的な計画は必要ない」など、若くして大成功を得たためか、お金や成功に関してはどことなく浮世離れした発言が目立つ。

しかし「成功を目指して必死に努力している人がいる反面、成功を夢見ているだけの人もいる」と、行動に移さない限り何も生まれない点に関しては、非常に強いメッセージを発信している。

ザッカーバーグCEOいわく、多くの人がイノベーションは素晴らしい発想から生まれると信じているが、「単に人より早く行動に移し、たくさんの実験を繰り返すことから生まれる」という。つまり、ただ行動するだけでは不十分で、思い立ったら即行動が成功の秘訣である。

また「何かを破壊するぐらいでないと、早く動いているとはいえない」と、もてる限りのエネルギーをもって休まず突進できる情熱が、成功という結果を生むと信じている。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)