タイムズ・ハイヤー・エデュケーションが「アジア大学ランキング」 を発表し、日本からトップ30に3校がランクインした。東京大学は昨年から1つ順位を落とし8位、東北大学が4つ順位を落とし30位。大阪大学は4つ順位を上げ28位となった。

首位はシンガポール国立大学が維持したが、2位と3位は清華大学と北京大学が入れ替わり、香港大学を筆頭とする香港勢が順位を上げた。

ランキングはアジア圏25カ国・地域の大学359校の「論文の引用数」「産業収入」「国際的な展望」「研究力」「教育力」を総合的に評価したもの。

アジアのトップ大学30校とスコア

大学,ランキング,国際性
(画像=シンガポール国立大学サイト)

30位(昨年順位26位) 東北大学(日本) 49.6
29位(27位) インド理科大学院(インド) 49.7
28位(32位) 大阪大学(日本) 51.4
27位(21位) ヘブライ大学(イスラエル) 52.6
26位(24位) 国立台湾大学(台湾) 52.8
25位(22位) テルアビブ大学(イスラエル) 53.9
24位(20位) 高麗大学校(韓国) 54.5
23位(23位) キング・アブドゥルアズィーズ大学(サウジアラビア) 55.0
22位(初登場) 蔚山科学技術大学校(韓国) 55.4
21位(29位) 延世大学校ソウル校(韓国) 56.1

20位(18位) 上海交通大学(中国) 56.1
19位(17位) 香港理工大学(香港) 56.3
18位(19位) 浙江大学(中国) 56.8
17位(25位) 南京大学(中国) 57.7
16位(16位) 復旦大学(中国) 59.8
15位(15位) 中国科学技術大学(中国) 61.2
14位(12位) 香港城市大学(香港) 63.3
13位(13位) 成均館大学校(韓国) 63.4
12位(10位) 浦項工科大学校(韓国) 63.7
11位(14位) 京都大学(日本) 64.8

10位(8位) KAIST(韓国) 65.4
9位(9位) ソウル大学校(韓国) 66.3
8位(7位) 東京大学(日本) 69.1
7位(10位) 香港中文大学(香港) 70.5

5位(4位) 南洋理工大学(シンガポール) 74.8
5位(6位) 香港科技大学(香港)  74.8
4位(5位) 香港大学(香港)  75.4
3位(2位) 北京大学(中国) 79.1
2位(3位) 清華大学(中国) 79.3
1位(1位) シンガポール国立大学(シンガポール) 81.7

日本の最大の弱点は国際性の弱さ?香港の2分の1以下の水準

日本からは合計89校がランクイン。トップの東京大学の総合スコアは69.1ポイント。研究(82.1pt)と教育(75.9pt)はレベルが高いが、他国・地域の大学と比べて国際性(32.2pt)が驚くほど低い。国際力の弱さは日本の大学に共通する弱点のようで、この項目で最高スコアだった筑波大学(アジア・ランキング63位)ですら39.9ポイントしか獲得していない。

京都大学の最大強みは産業収入で、93.8ポイントという極めて高いスコアを得ているが、国際性の低さ(28.8pt)が足かせとなった。論文の引用数(50.9pt)もふるっているとはいい難い。

トップ30入りを果たしただけではなく東北大学を追い抜かした大阪大学は、やはり産業収入が強い(81.3pt)。論文の引用数(38.7pt)と国際性(33.5)を伸ばすことで、さらなるランクアップが狙えるかも知れない。東北大学もやはり国際性(34.7pt)が最大の苦手分野のようだ。

ほかには東京工業大学(33位)、名古屋大学(35位)、九州大学(48位)、北海道大学(55位)、東京医科歯科大学(60位)、筑波大学(63位)、藤田保健衛生大学(83位)がトップ100入りを果たした。

中国は産業収入が強く国際性が弱い、香港は国際性は強いが産業収入が弱い?

中国からは合計63校、香港からは6校がランクイン。数の多さでは中国が圧倒的だが、トップ10を見ると北京大学が順位を下げたのに対し、香港の大学3校は順位を上げている。

中国の大学も日本同様、産業収入は強いが国際性の弱さがスコアを下げている。例えば北京大学は産業収入で最高評価(100pt)を得ているにも関わらず、国際性はその半分(53.0pt)とアンバランスさが目立つ。

大きく順位を上げたのは南京大学。産業収入(77.8pt)と論文の引用数(64.9pt)で8ランクアップの快挙となった。

香港の大学は総体的に国際性が豊かだが、産業収入は弱いようだ。国際性は99.5ポイントを獲得した香港大学を筆頭にいずれも80ポイント前後を誇るが、産業収入では最高スコアを獲得した香港城市大学ですら65.9ポイントしか得ていない。

大統領、首相、ハリウッド女優を輩出したヘブライ大学

シンガポールでランクインした大学は2校のみだが、両校ともにトップ5入りしている。韓国の大学は27校中、2校がトップ10、7校がトップ30に。KAISTと浦項工科大学校は順位を下げたが、延世大学校ソウル校は8ランクアップ。蔚山科学技術大学校は初登場となった。

延世大学校の特徴は、産業収入が99.2ポイントとずば抜けて高いこと。初登場で22位となった蔚山科学技術大学校は蔚山広域市の国立大学。2009年設立と非常に歴史は浅いものの、論文の引用数では95.9ポイントと他校を寄せつけない強さを誇示している。

イスラエルからは6校がランクイン。3ランクダウンしたテルアビブ大学に代わり、ヘブライ大学が6ランクアップした。ヘブライ大学は設立100年というエルサレムの国立学校で、無料の「お試し入学オンラインコース」を提供するなど、先進的な教育スタイルを採用している。またルーベン・リブリン氏を含む4人の大統領、3人の首相、ハリウッド女優のナタリー・ポートマン氏の母校としても知られる。来年あたり両校の順位が入れ替わることも予想される。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)