「セキュリティコードを入力してください」

ネットショッピングでクレジットカードを利用する際とセキュリティコードの入力を求められる。普段クレジットカードを利用していても、ネット決済を利用したことがなければ、セキュリティコードにはなじみがないないかもしれない。クレジットカードのセキュリティコードとはどんなものだろうか。

セキュリティコードとは

そもそもセキュリティコードとはカード番号とは別にクレジットカードに記載されている3桁又は4桁の数字のことを指す。この3桁又は4桁の数字があることによって、クレジットカードの安全性が向上しているのである。

クレジットカードに単純に印字してあるだけの3桁又は4桁の数字がそこまで安全性の向上に寄与しているとは思えないと考える方もいるかもしれない。しかし単にカードに印字されているだけというセキュリティコードの単純な仕組みが実は安全性の向上に大きく役立っているのである。

セキュリティコードの仕組み

securitycode.jpg
(画像=JCB Webサイトより)

セキュリティコードは先程も説明した通り、クレジットカードに印字されている3桁又は4桁の数字だ。この単に印字されているだけの数字という点が安全性のポイントとなる。

クレジットカードにはセキュリティコード以外にも様々な情報が記載されている。例えばカード番号だ。実はこのカード番号などのクレジットカードに記載されている情報はカードに記載されているだけでなく、カードの内部にも情報が保存されている。

一般的に多くのクレジットカードがカードの裏面に帯状の黒い線が入っている。この黒い線は磁気ストライプと呼ばれるものだ。決済の際は店側がこの磁気ストライプをスキャンすることでカード番号などの情報を読み取ることができるのだ。

近年では磁気ストライプ型のクレジットカードだけでなく、より安全性の増したICチップを搭載したクレジットカードも登場している。このICチップを搭載したクレジットカードにも同様にカード番号などの情報がICチップ内部に記録されている。

ここで話をセキュリティコードに戻そう。カード番号などとは違い、セキュリティコードだけは磁気ストライプにもICチップにも記録されていないそうだ。カードをスキャンしても読み取れない。

さらにセキュリティコードはクレジットカードの利用伝票や明細書などにも記載されることはないため、基本的にカードが手元にある持ち主のみにしか知り得ることができない情報となっている。

なぜセキュリティコードが必要?

一体なぜカードに数字が記載されているだけのセキュリティコードが安全性の向上の為に必要とされているのだろうか。その理由はクレジットカードの不正利用を防ぐという点にあるようだ。

インターネットが現在のように身近な存在になる以前は、クレジットカードは実際の店舗での利用が基本となっていた。実際の店舗では客と店員とが対面してクレジットカードによる決済を行う。客は自身のクレジットカードを店員に渡し、店員はサインやパスワードにて確認を行う。対面での決済では当然の事ながら手元にクレジットカードが無ければ決済ができないのだ。

しかしインターネットが一般に普及し、誰しもが自由に扱えるようになった昨今ではインターネット上でのショッピングも盛んとなった。

このネットショッピングの仕組みを悪用してクレジットカードの不正利用が行われる事例が増えたことがセキュリティコードの導入のきっかけとも言える。

ネットショップでのクレジットカードの悪用

実際に存在する店舗とは違い、ネットショッピングでは対面での決済は行われない。決済する際はパソコンやスマートフォンの画面にクレジットカードの番号や氏名などの情報を入力するだけだ。

簡単に決済ができる反面、不正利用をする側にとってはカード番号などの情報さえ有れば手元にクレジットカードが存在しなくとも他人になりすまし、他人のカードでクレジットカードの決済が可能となってしまうのだ。

実際にカード番号等の情報が他人に知られてしまい、クレジットカードが自分の手元にあるにもかかわらず、ネットショッピングを利用して他人が不正利用をするというケースが数多くあったのだ。

インターネットでのクレジットカード決済は誰にも見られることがなく、実際に手元にカードが無くとも決済が可能という点が悪用されたのだ。

スキミングによるカード情報の流失

実際に自分の手元にクレジットカードがある状態でカード情報が盗まれると言うことは考えにくいのではないかという方もいるかもしれない。確かに他人にクレジットカードを盗み見される以外には方法が無いようにも思える。しかし、実際にはカード情報の流出は誰にでも起こりうる事だ。

カード情報を盗み出す方法の一つにスキミングという行為がある。スキミングとは専用の機械を利用しクレジットカードに付いている磁気ストライプなどを不正に読み取り、クレジットカード内の情報を抜き取る犯罪の事を指す。カードをスキャンされるだけで簡単に情報が抜き出されてしまうのだ。

このスキミングをするための機械は銀行のATM等に不正に設置されていることもある。ATMでクレジットカードを利用するだけで本人の知らない間にカード情報が盗まれる可能性もあるのだ。もしクレジットカードの情報が盗まれてしまった場合には、不正利用される可能性があるのだ。

対策としてセキュリティコードに注目

このようなクレジットカードの不正利用を防止するための対策として注目が集まったのがセキュリティコードだ。磁気ストライプにもICチップにも情報が記録されていない、単にクレジットカードの情報が印字されているだけのセキュリティコードをインターネット上での決済に利用する事によって安全性の向上を図ろうというわけである。

カード番号などの情報は磁気ストライプやICチップに記録されているため、スキミングなどにより情報が流失する危険性が高い。しかし情報が単に印字されているだけのセキュリティコードはスキミングでは情報が流出する可能性は低い。

そこで現在では多くのインターネット上での決済においてカード番号等の情報だけでなく、セキュリティコードの入力が必要となっているのだ。

実際の店舗での対面での決済の場合は手元にクレジットカードがなければカードによる決済はできない。インターネット上での決済の場合も手元にクレジットカードがある証明としてセキュリティコードが利用されているのである。

セキュリティコードはどこに記載されているの?

それではセキュリティコードが一体カードのどこに記載されているのかを説明しよう。実はセキュリティコードはクレジットカード会社によって多少記載されている桁数や場所が違う。それぞれ説明しよう。

まずは世界シェア№1のVISAだ。VISAカードの場合、セキュリティコードをCVV2(Card Verification Value)と呼ぶ場合もある。記載されている場所はクレジットカード裏面の署名欄だ。ここに記載されているクレジットカード番号の後に記載された3桁の番号がVISAのセキュリティコードだ。

VISAに次いでシェアNo.2のMastercardではセキュリティコードをCVC2(Card Validation Code)と呼ぶ場合もある。記載場所はVISA同様にカード裏面の署名欄に記載されているカード番号の後に記載されている3桁の番号だ。

JCBの場合もセキュリティコードはカード裏面の署名欄に記載されているカード番号の後に記載された3桁の番号だ。

Dinersでのセキュリティコードも同様でカード裏面の署名欄に記載されているカード番号の後に記載された3桁の番号である。

ここまで紹介したクレジットカード会社は裏面の署名欄にあるカード番号の後に記載されている3桁の番号がセキュリティコードとなっている。近年ではわかりやすくするため、カード番号などを裏面に記載せず、セキュリティコードである3桁の数字だけが記載されているカードもある。

基本的に裏面の3桁の数字がセキュリティコードであり、数字がたくさん書いてある場合は末尾3桁がセキュリティコードであると覚えておくと間違えがないだろう。

ただし、American Expressの場合は事情が異なる。同社のセキュリティコードは他社とは違い、表面のカード番号が記載されている右上に記載がされている。桁数も他社の3桁とは異なり4桁のセキュリティコードとなっている。なお同社ではセキュリティコードをCID(Card Identification Number)と呼ぶ場合もある。

セキュリティコードの使い方

セキュリティコードの利用の方法についても説明しよう。セキュリティコードを利用するほとんどの場面がインターネット上での決済だ。

利用の仕方は簡単だ。クレジットカードでの決済の場合、画面にカード番号、氏名、有効期限を入力する。その後セキュリティコードを入力して下さいとの指示があるので、上記で説明したクレジットカードに記載されている3桁または4桁のセキュリティコードを入力するだけだ。

セキュリティコードの注意点

最後にセキュリティコードについての注意点についても触れておこう。セキュリティコード自体はアナログな技術であるが、安全性の向上にとても役立っている。しかしセキュリティコード自体が他人に知られてしまった場合は安全性が損なわれる。セキュリティコードは絶対に他人に教えないようにしていただきたい。

またネットショッピングをしているセキュリティコードに未対応のショップも存在する。そのような店舗ではカード番号などの情報だけで決済が完了してしまうため、この点においては不正利用の危険性もあるといえるだろう。

今回解説したセキュリティコードはクレジットカードに高い安全性をもたらす。一方で、すべてのインターネット決済にセキュリティコードが対応しているわけではない。セキュリティコードのみならず、カード番号などを含めクレジットカード情報はしっかり管理する必要がある。(右田創一朗、元証券マンのフリーライター)