ショッピングやネット決済、海外旅行にも大活躍するクレジットカード、株式会社ジェイシービーが日本で行った2016年度の「クレジットカードに関する総合調査」によると、クレジットカードの保有率は84.2%、保有者一人あたりの平均保有枚数は3.2枚であった。この調査からは多くの人が複数枚クレジットカードを所有していることがわかる。複数枚所有者の中には今後1枚にまとめたい人や、年会費の発生するクレジットカードを解約したい人もいるかもしれない。そこで今回はクレジットカードを解約する際の注意点について解説していこう。

クレジットカードを複数もつメリット・デメリット

クレジットカード,解約
(画像=PIXTA)

先に述べた株式会社ジェイシービーの調査の通り、多くの日本人がクレジットカードを所持している。特に平均所有枚数が3.2枚であるということから、複数枚のクレジットカードを所持している人も多いようだ。

複数枚クレジットカードを所持することにはさまざまなメリットもあるがデメリットも実は存在する。メリットとしては店頭でクレジットカードでの支払いを行なう際、一つのブランドに対応していない場合でも違うブランドのクレジットカードで支払いが可能な事が多い点だ。例を挙げると、JCBとVISAの2種類のカードを持っていた場合、JCBで支払いが出来ない店でもVISAでならば支払いが可能な場合もある。

クレジットカードに付帯する保険についてもカードを複数枚所持することで保険内容を充実させることも可能だ。クレジットカードの中には海外の旅行保険が自動付帯しているカードも存在する。このような海外旅行保険が付帯しているカードを複数枚持っていた場合、通常では死亡保険金や後遺障害保険金はもっとも高い金額の保険が適用となり合算はされないが、その他の保険金(治療費用、賠償責任、携行品損害など)については複数のクレジットカードに付帯する保険金の上限が合算された金額を限度として保険金が支払われる。

一方でクレジットカードを複数枚所持することによるデメリットもある。年会費などの維持費が発生するカードを所有している場合は複数枚所持することで維持コストが高くなってしまう。また1枚のクレジットカードの収支だけならば把握しやすいが、複数枚になるとそれぞれのカードの収支について管理しにくくなる場合もある。

クレジットカード自体の管理も大変になる。複数枚ある場合はそれぞれの暗証番号などの管理も大変であり、カード自体を失う可能性も高くなる。多くの枚数を持っているなら1枚紛失してもなかなか気が付かない可能性さえある。

ポイントが分散してしまうデメリットもある。複数のクレジットカードにそれぞれポイントを貯めることになるので、ポイントはそれぞれのカードに貯まっていくが、分散しているのでクレジットカード所持枚数が1枚の方に比べるとポイントの使い勝手が悪くなる。

このようなクレジットカードを複数枚所持するメリット、デメリットをしっかりと考え、もしデメリットが多くなっている場合はクレジットカードを解約して所持枚数を減らすのも一つの手だ。

クレジットカードの解約方法は?

クレジットカードの解約方法については実はとても簡単だ。クレジットカードには様々なブランドがあるが、基本的な解約方法は全て同じである。

その方法とは解約したいクレジットカードの裏面に記載されている電話番号に電話をするという事だ。電話だけでほとんどのクレジットカードの場合解約が完了する。電話では本人確認をしたうえでカードを解約したい旨を伝えるだけである。解約にあたっては基本的に後から出す書類なども必要なく、電話を一本かけ、解約したい旨を伝えるだけで解約は完了する。

電話にて解約する旨を伝え、解約の手続きが完了したらクレジットカードを物理的に利用できなくする必要がある。クレジットカード自体の返送などは必要ないため、自分でカードをハサミで裁断するなどし、安全に処分する必要がある。

今利用されているクレジットカードの多くにICチップが埋め込まれている。ICチップの中には多くの個人情報が入っているので、カードを裁断するだけでなくICチップ自体もしっかりと裁断する必要がある。

残った支払いはどうなる?

クレジットカードを解約するうえで一番気を付けたいことが残った支払いについてだ。クレジットカードを解約すると、解約時までのクレジットカードの利用残高の未払い分を支払う必要がある。中には一括での支払いを求められるケースもある。

毎月支払いをしていたショッピング枠の未払い分の支払いは当然のことながら、特に気を付けていただきたいのが分割払いやキャッシング、リボ払いについてだ。これらの支払い方法は普段は分割しての支払いとなる。大きな買い物をした場合に分割払いを利用している人もいるだろう。

実はクレジットカードの解約の際は分割払いやキャッシング、リボ払いについてもカードによっては一括での支払いを求められる事が多いのだ。つまり複数月あるいは複数年かけて支払いを行なう予定だったものが、解約と同時に一括で請求される事態となるという事だ。

大きな買い物をし、一括での支払いが困難で分割払いやリボ払いを現在行っている人、現金が足らずにキャッシング枠を利用している人はクレジットカードを解約する際には一度しっかりと支払いについて考える必要がある。残っている支払いについて一括で請求される場合があるため、本当に解約して支払えるかどうかを見極める必要があるのだ。

もしクレジットカードを解約し、未払いの支払いについて一括で支払うことができないのであれば、利用残高が支払い可能な水準に減るまで解約を待つことをおすすめする。解約時の利用残高の一括支払いができなく、未払いとなってしまった場合には、信用情報機関に未払いの情報が登録され、今後一定期間クレジットカードを発行できなくなる場合や、銀行などでローンを組む際にも影響する可能性があるので注意する必要がある。

支払いのタイミングは?

クレジットカードを解約する際には毎月の支払い以外にも分割払いやキャッシング、リボ払いが全て一括で請求されることがわかった。そこで重要となるのが解約後の支払いのタイミングだ。多額の金額でも給料日直後やボーナス支給日後であれば支払いが可能という人も多いだろう。

それではクレジットカード解約時の支払いのタイミングを説明しよう。結論から言ってしまうと、通常の引き落とし日に口座から引き落とされる場合や、通常の引き落とし日より前に引き落としが行われる場合、期限を設けて振込が要求される場合などクレジットカード会社によって異なるのが実情だ。

しかし自分のクレジットカードを解約した場合にいつ一括で支払いをしなければならないかというタイミングを知る方法はある。それは所持しているクレジットカードの裏面に記載されている電話番号に問い合わせることだ。問合せを行なえば、もし解約した場合にいつまでに利用残高を支払う必要があるのかを教えてもらえる。

多額の利用残高がある人はもちろんだが、利用残高が少ない人でも、クレジットカードの解約時には通常とは違う引き落とし日を設定される可能性もある。思わぬタイミングで突然支払いを求められ、残高不足で支払いができない事態に陥らないように、必ず問合せを行ない支払日の確認することをおすすめする。

年会費は戻ってこない

クレジットカードの解約時の支払い以外にも注意すべき点は多々ある。まずは年会費についてだ。年会費無料のカードには関係の無い話だが、年会費が発生するカードについては年度の途中で解約した場合でも年会費は基本的に返金されることは無い。年会費を支払い半年後に解約した場合でも、半年分だけ返金されるということも基本的にはないので注意が必要だ。

もし所持しているクレジットカードが年会費を最近支払ったばかりであれば、すぐに解約せずに年会費を支払った期間分だけ解約を遅らせるのも一つの手だ。逆に年会費の支払いが迫っている場合にはすぐに解約の手続きを行なわなければ次年度の年会費も支払う羽目になってしまう。

その他の注意点

その他クレジットカード解約にあたっての注意点を挙げよう。まずはこれまで利用していたクレジットカードでの支払いについてただしく支払い方法を変更してあるかと言う点だ。公共料金等の支払いでクレジットカードでの支払いをおこなっていた場合、支払い方法の変更を行なう必要がある。変更せずにクレジットカードを解約するとその後は支払いができなくなるので注意が必要だ。

解約するカードの利用期間についても少し注意が必要だ。クレジットカードを発行してすぐに同じカードを解約する場合は、クレジットカードの会社から入会特典目的で申し込みを行ない、すぐに解約したとみなされる場合がある。解約には応じてもらえるが、その後新しくクレジットカードの発行を申請した場合に影響が出る恐れがあるので、短期での解約はあまりおすすめしない。

ETC利用者についても注意が必要だ。解約を予定しているクレジットカードを通して作ったETCカードについても当然のことながらクレジットカード解約と同時に利用ができなくなる。高速道路の料金所でETCが作動せず、バーが開かないといったことが無いように、クレジットカード解約の際はETCカードの有無やETCカードの親となるクレジットカードについてもしっかりと確認する必要がある。

クレジットカード解約後は貯めたポイントが利用できない事もあるのでクレジットカードで貯めたポイントについても解約前に使い切ることもおすすめする。

日常生活の中で大変便利なクレジットカードだが、解約する際は今回紹介した注意点をしっかりと確認することをおすすめする。カード枚数が多いから整理したいと言って安易に確認をせず解約してしまうと、利用残高の一括請求やこれまでカードで行っていた支払いの滞納、ETCカードが利用できないなど、多くの問題が起こる可能性がある。クレジットカード解約の際はくれぐれも慎重に手続きを行なうべきだろう。(右田創一朗、元証券マンのフリーライター)