運賃の割引が魅力的な航空会社の株主優待。どの航空会社の株を買うか迷いどころだが、JAL(日本航空)の場合、グループ各社(日本トランスオーシャン航空・日本エアコミューター・琉球エアーコミューター)の便にも株主優待が適用され、賢く使うことでお得度もさらに増す。ここでは、株主割引も含めたJAL株主優待の賢い使い方を紹介しよう。

JALとANA、株主優待はどちらがお得?

JAL,マイル,株主優待,ANA,割引券,ヤフオク
(画像=PIXTA)

航空会社の株主優待で目玉となるのは、なんといっても運賃の株主割引だ。国内の航空会社ではJAL(日本航空)にするか、ANA(全日空)にするか迷うところだが、沖縄や鹿児島の離島が好きな人ならJALがいいだろう。

なぜなら、JALの株主割引券はJAL本体の国内全路線だけでなく、JALグループの日本トランスオーシャン航空(JTA)、日本エアコミューター(JAC)、琉球エアコミューター(RAC)でも使えるほか、フジドリームエアラインズ(FDA)、天草エアライン(AMX)との共同運航便にも使えるからだ。

日本トランスオーシャン航空の主要路線は羽田-石垣便や羽田-宮古便、関空-石垣便など、日本エアコミューターは鹿児島離島便、琉球エアコミューターは沖縄離島便となっている。

日本トランスオーシャン航空や日本エアコミューター、琉球エアコミューター各社の株主割引券は、それぞれの自社便でしか使えない。

【億り人の投資哲学 JACKが聞く「勝利の法則」】
億り人・夕凪さんが明かす「投資資金が少ない人」が持つべき発想とは?
逆張り投資はお金持ちの戦略? お金持ちになるには順張り投資(夕凪さん)

株主優待を受けるための最低投資金額は時期によって違う

JALの株主割引を受けるには、3月末時点なら100株以上を、9月末時点なら200株以上を保有する必要がある。3月16日現在、JALの株価は4,340円なので、この株価で3月末時点保有による搭乗優待を受けるのに必要な最低投資金額を計算すると、43万4,000円となる。

保有株数が多いとそれだけ発行される株主割引券は増えていくが、3月末時点の株主と9月末時点の株主では枚数が違ってくる。

3月末時点の株主だが、100株以上で1枚、300株以上で2枚、500株以上で3枚、700株以上で4枚、900株以上で5枚、1,100株以上で5枚プラス1,000株超過分500株ごとに1枚、10万株以上で203枚プラス10万株超過分1,000株ごとに1枚——となっている。

一方、9月末時点の株主については、200株以上で1枚、400株以上で2枚、600株以上で3枚、800株以上で4枚、1,000株以上で5枚、その後は3月末時点の株主と同じく、1,100株以上で5枚プラス1,000株超過分500株ごとに1枚、10万株以上で203枚プラス10万株超過分1,000株ごとに1枚——となる。

全体として見ると、3月末時点の株主のほうが、もらえる枚数的にお得な印象だが、株数によってはどちらも同じ枚数となるので、枚数にとらわれず、適切な売買タイミングを見て購入したほうがいいだろう。

3年(7基準日)連続で長期保有している株主には追加で株主割引券が発行される。その際、300株以上で1枚、1,000株以上で2枚、1万株以上で3枚の追加発行となる。

50%オフの株主割引券は夏休みや年末年始の便でも使える

株主割引券は3月末時点の株主には5月に発行され、6月1日〜翌5月31日の有効期限となる。一方、9月末時点の株主には11月に発行され、12月1日〜翌11月30日の有効期限となる。

株主割引券を使うと、その有効期間内の1名片道1区間の搭乗に関して、大人あるいは小児の普通運賃が50%割引で利用できる。4月10日の羽田-那覇間でいうと、普通運賃が大人4万5,000円・小児2万2,900円となるところ、株主割引により、大人2万2,900円・小児1万1,450円となる計算だ。

なお同じ路線でもピーク時期(3月1日〜3月31日/7月1日〜8月31日)にあたる8月1日だと、普通運賃が大人4万8,100円・小児2万4,050円となるところ、株主割引により大人2万4,050円、小児1万2,050円となる。

株主割引券は夏休みや年末年始の便でも使えるが、販売座席数に限りがあり、また株主優待料金の設定がない便もあるので注意が必要だ。

往復割引や先得割引などほかの割引運賃との重複利用はできず、キャンセル待ちもできない(出発当日の空港での空席待ちは可能)。

株主割引は普通運賃にのみ適用されるが、エコノミーのワンランク上にあたるクラスJの席や、ファーストクラス席の利用も可能だ。クラスJ料金やファーストクラス料金は半額にはならないが、マイルもきちんと貯まり、普通席で75%、クラスJで85%、ファーストクラスで125%のマイルが貯まることになる。

株主割引を受けるには「発券用コード」「発券用バーコード」が必要

では、この株主割引券はどのようにして使うのか?

株主割引券はJAL公式サイトのほか、JAL国内線予約センター、街中や空港にあるJAL国内線カウンター、および空港の自動チェックイン・発券機で利用でき、さらに指定の旅行会社でも利用できる。

予約期限は搭乗日の2ヵ月前から搭乗日当日まで。購入期限は予約日を含め3日以内となっている。ただし、予約日が搭乗日の2日前以降であれば、搭乗便の定刻20分前までに航空券を購入すればよい。

公式サイトからの購入では空席照会画面で「株主割引」を選択し、購入画面では指示に従って株主割引券に記載された「発券用コード」を入力する。この「発券用コード」はスクラッチ加工されているのでコインなどで削る。強く削ると下のコードまで削ってしまってコードが判読できなくなるので注意したい。

この「発券用コード」については、予約センターで予約した航空券の場合は購入時にコードを伝えることになる。また、国内線カウンターや旅行会社ではコードを伝えるか、株主割引券そのものを提示する。

一方、空港のチェックイン機・発券機では「発券用コード」ではなく、同じく株主割引券に印刷された「発券用バーコード」を読み取り機にかざす。この「発券用バーコード」もまたスクラッチ加工になっているので、コインなどで優しく丁寧に削ろう。

空港の自動チェックイン・発券機で購入する場合、「発券用コード」をすでに登録済みであっても、それとは別に「発券用バーコード」を読み取り機にかざす必要があるので株主割引券は必ず持って行くこと。万が一、忘れてしまった場合は、空港の国内線カウンターでの購入となる。

キャンセル時には新たな「発券用コード」が発行される

航空券の購入後、予定が変わってキャンセルしたくなった場合はどうするか?

株主割引で予約・購入した航空券は予約便の出発15分前まで予約変更・取消可能だが、購入後は区間変更ができない(逆区間も含む)。また、株主割引券の有効期間後の便へは変更できないので注意が必要だ。

予約取消の場合、手続きにより航空券代金は払い戻しとなる。このとき、予約便出発前なら取消手数料は無料だが、出発後なら航空券1枚(1区間)ごとに430円の手数料がかかる。

またその際は、すでに使用してしまった「発券用コード」の代わりに、払い戻し窓口にて「株主割引代替券」の発行、または「株主割引代替券発券用コード」の案内がなされる。新たに株主割引で予約するときは、これを使えばいいわけだ。

「株主割引代替券発券用コード」を忘れたりして改めて確認したい場合は、JAL公式サイトの「eチケット(航空券)検索」で確認できる。

株主割引料金が割安でないケースもある

さて、ここからがタイトルの「賢い使い方」ということになってくる。つまり、100株以上の株主となって株主割引券を入手した後、使うかどうかで迷う状況が出てくるのだ。

たとえば、先ほど挙げた4月10日の羽田-那覇便でいうと、株主割引だと大人2万2,900円となるわけだが、特定便を3日前まで予約することで利用できる「特便割引3」の料金なら、便によっては2万400円となる。もっと早い予約ならさらに安い便もあるので、これなら株主割引よりもそちらを選んだほうがいいだろう。

また、沖縄へ行くのなら、成田-那覇、関空-那覇といったLCC(格安航空会社)就航路線であれば、1万円を切る料金になることも珍しくない。たとえば、同じ4月10日でいうと、ジェットスター成田—那覇便に5,790円で乗れる便がある(3月16日現在)。

つまり、株主割引券の使いどころとしては、特便割引の設定されていない便を利用したいときや、搭乗日直前に航空券を予約するとき、または、LCCの未就航路線を利用するときということになるだろう。ここで最初に話は戻るが、特に沖縄離島便や鹿児島離島便を使いたい人には使い勝手の良いものとなる。

それに当てはまらず、使い道のない株主割引券はどうするか? 知人などに譲るか、ネットオークションに出品するか、金券ショップに売却するというのが一般的だろう。

金券ショップでの買取相場としては1枚3,500〜4,500円。有効期限が近くなると安くなってくるので、使う予定がないなら早めに売っておきたい。なお、JAL公式サイトには、株主割引券は株主以外でも使えると記載がある。

逆に金券ショップなどで株主割引券を購入すれば、株主になることなく株主割引だけを受けることもできる。金券ショップでのJAL株主割引券の販売価格は時期にもよるが、4,500〜5,500円と考えればいいだろう。

人数制限なしのツアー割引券も魅力的

JALの株主優待では、株主割引券以外にJALパックツアー商品が7%割引で利用できるツアー割引券も発行される。

発行タイミングは、100株以上の保有で5月に国内用・海外用が各2枚発行(有効期限は6月1日〜翌5月31日)。200株以上の保有で5月と11月のそれぞれに、国内用・海外用が各2枚発行される(11月発行分の有効期限は12月1日〜翌5月31日) 。

このツアー割引券を使うと、有効期間内に新規で予約したツアー(JALパック・ふらり・JALマイステイ:一部ツアーを除く)について、株主とその同行者も含めて参加者全員の旅行代金が割引となる。ただし、海外ツアーの現地支払いのオプショナルツアー・空港施設利用料・現地空港諸税は割引対象外だ。

ツアー割引券を使うには、JALグループの総合旅行サイト「JAL eトラベルプラザ」からの予約・購入が必要で、割引券は予約成立後、出発21日前までに郵送しなければならない(出発21日前以降の予約の場合、予約成立後3日以内に郵送)。

郵送が少々手間となるが、ツアー参加者全員が7%オフということであれば、人数が多いほど得られるメリットは大きいので、そうなるとたいした手間とはいえなくなってくる。

航空機が好きならこんなうれしい株主特典も

そのほか、株主ならでは特典として「伊丹空港 客室訓練施設・工場見学」「JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜」などの企画催事も紹介しておこう。

募集人数は各回100名で、前者は大阪伊丹空港にて、後者は日本航空・羽田整備工場にて開催。株主1人につき3名まで同伴できるが、応募は郵便はがきとなり、抽選による当選者だけが実際に参加できることになる。(ZUU online編集部)

【億り人の投資哲学 JACKが聞く「勝利の法則」】
億り人・夕凪さんが明かす「投資資金が少ない人」が持つべき発想とは?
逆張り投資はお金持ちの戦略? お金持ちになるには順張り投資(夕凪さん)