資産運用に興味はある。でも時間がないので、なかなかスタートできない……という方も多いのではないでしょうか?そんな悩みを解決するのが、仕事やプライベートが忙しい人でも着実に投資が続けられる「積立投資信託」です。基本的な仕組みや、メリット・デメリットを解説します。

投資のプロが代わりに運用してくれる投資信託

運用,積立投資信託,値下がり

投資信託とは、たくさんの人から集めた資金を投資のプロであるファンドが運用する仕組みです。ファンドは、世界中の株式や債券などを組み合わせながら運用を行います。その結果、利益が生じた場合には、分配金などの形で投資家に還元されます。投資信託のメリットは、分散投資を少額の資金で行えることです。通常、複数の株式や債券を組み合わせて投資をするには、かなりの元手が必要です。投資信託なら手軽な費用で始められます。

積立投資信託は、忙しい人にぴったりな投資スタイル

毎月一定額の投資信託を購入することを「積立投資信託」といいます。一般的な投資信託の1口の価格は1万円前後です。しかし、金融機関によって異なるものの、積立投資信託の1口の価格は100円から購入できます(2018年4月時点)。1口単価が安いので誰でも手軽に始められることが特徴です。自動積立にしておけば、自分で指示を出さなくても金融機関が自主的に購入してくれます。

投資信託の値動きは、世界中の経済状況に左右されます。仕事が多忙なビジネスパーソンは、その情報を収集し、投資信託の購入タイミングを決めるのは大変です。自動積立ならほったらかしでも運用が可能です。購入の手間が省けるだけでなく、買い忘れを防ぐことができます。

値下がり時にもメリットがある積立投資信託

投資信託に限らず、毎月一定額ずつ購入していく手法は、リスク回避型の投資積立投資信託において、値下がりは必ずしも悪いことではありません。値下がり時には、1口当たりの基準価額が下がるため、たくさんの口数が購入できるのです。それが値上がりしたときには、より大きなリターンを生んでくれます。

積立投資信託のデメリットとは

積立投資信託のデメリットとしては、「手数料負担が大きいこと」や「利益が少ないこと」が挙げられます。これは積立型に限らず投資信託全体にいえることですが、販売手数料、信託報酬、解約手数料、信託財産留保額といった数多くの手数料が発生します。手数料負担が大きいということは購入した時点でマイナススタートになってしまうということです。

そのため、それを相殺するだけの大きな運用益が出ることが前提になります。また積立投資信託は、価格変動リスクを抑えやすいという傾向があります。一方、集中投資のように底値で大量に買い込んで高値で売るような取引方法ではないため、利益が少なくなりやすいというデメリットもあります。

投資信託のウィークポイントを補強するには?

資産運用は、銀行預金を除いて基本的に元本保証されていません。そのため、すべての資金を投資信託のような価格変動リスクのある資産運用に回すのではなく、一定額を元本割れのない銀行預金などにしておきましょう。世界経済が比較的安定しているタイミングにおいては、高いリターンを生み出す投資信託も目立ってきます。

しかし、世界的な不況になった局面では、運用成績が悪化するリスクがある点にも注意したいところです。投資信託の「利益が少ない」というウィークポイントは、株式投資などへの分散投資によって補うことができます。しかし、世界的な不況時には、株式もマイナスの可能性が高いため、不動産などの現物資産への投資を混ぜることによって、安定した資産運用ができる環境をつくることが賢明です。(提供:Renosy Journal)