マネジメントという言葉を聞くと、管理職ではない自分には考えている人はいませんか?もしあなたがそう考えているとすれば、本当の意味でのマネジメント能力について今回一緒に学びましょう!マネジメントが分かれば仕事がもっと面白くなります。

マネジメントとは何か?

star
(写真=Maslowski Marcin/Shutterstock.com)

マネジメントとは、チームや個人が成果をあげるための手段や管理を意味します。組織が成果をあげ続けることそのものが、現代社会を存続させる手立てであり、組織が成果をあげることで、現代社会が豊かに拡大し、ひいては個人の生活も豊かになるのです。

ビジネスマンにとっての組織といえば、所属している企業が第一にあげられるでしょう。つまり、企業が業績を上げ続けることが、現代社会にとって必要なことだといえるのです。それが結果的に自分自身を豊かにすることに繋がります。企業にとってのマネジメントは経営管理と呼ばれ、個人が成果をあげるためには、自分自身をマネジメントすること(自己管理)が大切だといえるでしょう。

マネジメントはすべてのビジネスマンに必要な能力

企業が成果をあげるためには、経営管理が必要不可欠です。企業トップにはトップマネジメント、管理職には、ヒューマンマネジメントの力が必要だといえるでしょう。

一方で、マネジメントは管理職だけではなく、すべての人に必要な能力です。管理職であればもちろん組織やチームを管理しなければいけませんが、個人一人ひとりが自分自身をセルフマネジメント(自己管理)することはできるはずです。

自ら目標を立て、目標達成に向けての行動を継続し、仕事の成果を日々チェックして改善しながら成果を出すのです。それぞれがそういった力を養うだけでも、自分と企業の成長のためになると言えます。

マネジメント能力が必要な理由

個人におけるマネジメントは、自己管理による目標管理だと位置づけられます。目標管理を行えば成果も見えるようになるのです。会社の成果に貢献することが、現代の組織社会を存続していくために必要なことだとすれば、自分の仕事に対するモチベーションがアップします。会社の成果をあげるために、自分が仕事でどのように貢献するか自ら考えるようになるといえるでしょう。

個人が自分自身をマネジメント(自己管理)するためには、目標をたてるだけではなく、実行に移すための行動目標をたて、行動を継続していかなければなりません。

リーダー職の人たちがマネジメント能力を必要とする理由は、ヒューマンマネジメントが大きな割合を占めます。多様化し、多岐の業務に渡る専門性の高い従業員の個々の能力をまとめ上げて、その総和よりも大きな成果を出すためには、マネジャーにおけるマネジメント能力が必要となります。例えていうならば、オーケストラの指揮者が、個々の楽器の演奏家をまとめて、より完成された音楽をつくることに似ています。

マネジメント能力を発揮すると仕事が面白くなる

マネジメント能力を発揮すると仕事が面白くなります。その理由は、自ら仕事に取り組む主体性によって仕事を遂行しているからです。モチベーションが下がることもありません。マネジメントとは組織や個人に成果をあげさせるための手段や管理です。

現代は組織社会で、組織である会社が成果をあげることが、組織社会を存続させていくことにつながります。現代の組織社会では、個人が働く会社が、収入源であり、社会的な地位を得る場所であり、一体感を共有し、自らの自己実現を得るところなのです。(提供:あしたの履歴書online


【オススメ記事 あしたの履歴書online】
あなたの素敵な未来のキャリアを考える「あしたの履歴書」とは
「人生100年時代」を生き抜け!しなやかな働き方を身につける2つの方法
給与をアップさせたいと思われる人材になるためにすべきポイントとは
革靴の手入れとモテには関係が!?デキるビジネスパーソンは足元まで意識する
転職でスキルアップできるビジネスマンってどんな人?