recomend

世の中には数多くの保険があふれているけれど、保険のプロである営業マンはどんな保険に入っているの?どんな保険なら入りたいの?その謎に迫っていきたいとます!


営業マンが死ぬまでに入りたい保険、その条件とは


何年かキャリアを積んだ保険営業マンなら誰しも、誰にどんな保険が必要なのか、会社ごと商品ごとの内容の善し悪し、得なのか損なのか、などがよく見えます。

では保険のプロである営業マンはどんな保険に入っているのでしょうか。どんな保険なら絶対入りたいと思うのでしょうか。そんな保険営業マンの本音に迫ってみましょう。ここでは私自身が考える入りたい保険を、保険種類ごとに考えてみたいと思います。


医療保険


私は40代男性で家族もあるのですが、医療保険には入っていません。理由は2つあります。まず日本は社会保障が充実しているからです。特に健康保険の高額療養費制度や雇用保険の失業手当などはいざという時本当に役に立ちます。その健康保険の保険料は決して安くないですから、当たり前と言えば当たり前ですけどね。

次に保険会社の医療保険はまだまだ高いからです。ご存知ないかも知れませんが、保険会社にとって医療保険が一番儲かります。集める保険料と、支払う保険金を比べると保険会社に大いに有利になっているのが現状です。

以前と比べてずいぶんと安くなりましたが、需要と供給のバランスから見てまだまだ売り手市場なので、値段競争はこれからも続くと予想されます。

もし私のお財布に余裕があって、医療保険を検討するなら、終身型で入院日額5,000円くらいのものに入ります。そして手続きはすべてネット完結が望ましいですね。しつこいアフターセールスは遠慮したいですから。


死亡保険


私はここを最優先させます。理由は医療ほど社会保障が充実していないからです。遺族年金として受け取れる公的年金の額が少ないので、民間の保険に頼ることになります。ではどんな保険に入りたいか。

一番重要視したいのは担当者です。心の底から信頼し、尊敬できる担当者が勧めてくれた保険にまさに「死ぬまでに入りたい」です。

想像してみてください。愛する奥さまと幼いお子さんを残してあなたは旅立ってしまいます。残された家族はたちまち精神的にも経済的にも苦しむことになります。そんな絶望から這い上がってこれからの長い人生を歩んで行かなければいけません。

ここでもし潤沢な額の生命保険があれば、家族は経済的な苦痛からは逃れられるでしょう。では精神的な苦痛はどうですか?奥さまに実家があり、頼れる友人がいれば、きっと心支えとなってくれることでしょう。ただ残念なことに、彼らには専門知識がありません。ノウハウがないのです。

多くの優秀な営業マンはたくさんの顧客を抱えているので、どこかで保険金の支払いを経験しています。もし彼自身にその経験がなかったとしても、社内に優秀な先輩がいます。そして遺族がどんなことで困るのか。どんなケアが必要なのかを知っています。相続税の申告、名義の変更、遺族年金の手続きなどの事務的な部分でも助けてくれるでしょうし、その助けはきっと精神的なサポートにつながってゆくことでしょう。

保険金が支払われたあとも、あなたの代わりに陰ながら家族を見守り続けてくれるのです。自分の死んだあとのことを託せる人がいれば、こんな心強いことはありませんよね。子どもも大きくなってみんな独立したよ、という方は大きな死亡保障は必要ないでしょう。でも前述のような頼れる担当者がいれば、今度は老後の資金準備の相談も出来るわけです。